『最初に手に取るビットコインの教科書』の書籍レビュー|コインラッシュ

スポンサーリンク

「とってもやさしいビットコイン」というビットコイン初心者向けのサイトを運営している運営者が著書の「最初に手に取るビットコインの教科書」を読んだのでレビューします。

【対象レベル:初心者~中級者】1時間程度で読めるが少しわかりにくい部分も・・・

この書籍はもともと「とってもやさしいビットコイン」というブログをもとに内容をより詳しくして書籍として体系的に学べるようにされたものです。

本書は本編が始まる前にビットコインを学ぶ上で頻出する用語説明がされており、仮想通貨の書籍を読んでいく上で聞き慣れない用語の説明がされているので初心者が始めて読む書籍としてはかなりとっくきやすい入りになっているのですが書籍の内容としては初心者には少し難しい内容ではないかと思います。

ただ、初心者には少し難しいのですが、かといって中級者向けかと言われれば中級者には物足りない中途半端な位置づけの本です。本のタイトルとは違いビットコインの最初に手に取る本ではないと個人的には思いました。

第1章ビットコインとは?

第1章ではビットコインについての基本的な説明がされています。

ビットコインとはどのようなものなのか?ビットコインとは日本円の違いは何なのか?ビットコインを使って何が出来るのかなどの具体的な例が挙げられています。

ただ、そこまで詳しく書かれているわけではないのであくまでビットコインとはどういうものなのかという触り程度の内容です。

第2章ブロックチェーンとは?

第2章は仮想通貨技術の根幹となるブロックチェーンについて説明されています。

しかし、第1章とは違い第2章はいきなり難易度が高くて初めて仮想通貨の書籍を読む人にとっては理解しがたい内容かもしれません。

ブロックチェーンの仕組みについて具体的な例や図を交えて説明してくれてはいるのですが、初心者にとっては分かりにくい解説になっていると思います。

また、そもそもブロックチェーンについて知らない人がパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの違いを説明されても何のことかわからないと思うのでこの章に関しては少し難しい内容になっています。

第3章マイニングとは?

第3章はマイニングとはどのようなものか?やどういった時に行われるのか?、また、具体的な方法について書かれています。

そして、この第3章はさらに内容が難しくなっている上に具体的な例がなく抽象的な説明が多いので初心者には何のことを言っているのかさっぱりわからないという人も中にはいるかもしれません

著者はマイニングについて簡単に説明していくと言っていますが、そればあくまでも知識を持った著者が考える“簡単”であって、初心者のそれとは乖離していると感じました。

第4章ビットコインを保有する

第4章はビットコインをどのように保有するかについて書かれています。具体的にはウォレットの種類や取引所で購入した仮想通貨の保管方法などです。

ただ、この章に関しても変に詳しく書かれているので初心者が読む分には理解に苦しむ点が多々あると感じます。

特に公開鍵と秘密鍵の部分に関しては、初心者はあまり知らなくてもいいような内容を中途半端に記載しているのでただただ混乱を招く内容になっています。

第5章:ビットコインの利用場面

第5章はビットコインと現金の違いやビットコインの利用場面、ビットコインの楽しみ方について書かれています。

この章はここまでとは少し違い内容も分かりやすく簡潔にまとめられているので初心者の人に理解しやすい内容になっています。

また、ここに書かれている事は仮想通貨取引を始める上ではあまり関係がないように思える内容ですがこの部分を理解しておく事は仮想通貨取引を始めるにあたってはかなり大切なことだと思います。

第6章ビットコインの現状と未来

この章ではビットコインの今後の課題や仮想通貨に関する法律が日本でも整備が整い始めており、国として仮想通貨を貨幣であると認め始めている事が紹介されています。

あなたももしかしたら聞いた事があるかもしれませんが、仮想通貨の分裂というのはここに記載されているブロックのサイズの問題が関係しているので、初心者には少し難しい内容かもしれませんが知っておいて損は無いと思います。

また、法律についてはこんな法律が出来たんだとい簡単な内容で難しい話ではないのでこちらも理解しやすいです。

最終章ビットコインが提案する未来

最終章章ではビットコインがもたらす今後の未来について書かれています。

これはビットコインが普及して使えるようになった未来というわけではなく、ビットコインの技術が世界にもたらす影響についてです。

この点については私も同感でビットコインが法定通貨に変わるからどうかという議論とは別に、ビットコインの誕生が世界の仕組みを変える可能性が仮想通貨にはあるということです。

実際に私もここの部分が仮想通貨としての最大の魅力を感じる部分です。

特典潜入取材〜仮想通貨詐欺の実態〜

ここでは著者が友人とともに仮想通貨の詐欺を持ちかけられてきた時の実体験を掲載しています。

内容も結構リアルなので読み物としては面白いですし、おそらく仮想通貨詐欺の人はこのような感じで騙そうとしてくるのだろうなという1つのパターンを学ぶことが出来ます。

仮想通貨詐欺に騙されたくないといふ人は参考になる内容だと思います。

レビューまとめ

冒頭にも記載しましたが、個人的には初心者が一番初めに手に取る本ではないと個人的には思いました。出来ればもっと簡単で分かりやすい本を1~2冊読んだ後にこの本を読むとより仮想通貨の理解が深まるのではないかと思います。

又、内容が所々飛躍している部分があるので書籍としての完成度は少し低いかなと感じました。やはり、「とってもやさしいビットコイン」というブログの内容をつなぎ合わせた感が否めませんね。これで価格が780円は高いと思います。

 

最初に手に取るビットコインの教科書
(2017-05-24)
売り上げランキング: 20,564

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください