仮想通貨ウォレット4種類のメリット・デメリットを徹底比較|コインラッシュ

スポンサーリンク

仮想通貨取引を行う中で多くの方が不安に思っていることはハッキングによって自分の資産を盗み取られてしまう事だと思います。実際に私の知り合いも何の知識も持たずに仮想通貨を始めてしまった為ために2度もハッキングにより仮想通貨を奪われてしまいますした。

仮想通貨は銀行などの中央集権が資産を管理してくれているわけではないので自分の資産は自分で守らなければいけません。そこでこのぺーじでは「仮想通貨を保管するにはどのような方法があるのか?」「それぞれの保管方法にはどのようなメリット・デメリットが存在するのか?」をわかりやすく解説します。

あなたの資産を管理する方法を選択する上で参考に参考にして頂ければ幸いです。

一目でわかるウォレットの特徴一覧比較表

まずは、はじめにわかりやすいように各ウォレットの特徴を一覧表にまとめてみました。

ウォレット名 セキュリティー 導入難易度 導入コスト 利便性
デスクトップウォレット
オンラインウォレット
ハードウェアウォレット
コールドウォレット

この表を見てもらうと分かるようにそれぞれのウォレットにメリットとデメリットがあることがわかってもらえると思います。実際にどういった部分にメリットとデメリットがあるのかを理解して、自分んに合った仮想通貨の管理方法を見つけてみてください。

仮想通貨ウォレットの種類とメリット・デメリット

一言に仮想通貨ウォレットといってもウォレットにはいくつか種類があります。それがデスクトップ上のウォレット、オンライン上のウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットの4種類です。

 

以下でそれぞれのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

デスクトップウォレット

デスクトップ上のウォレットはパソコンにソフトウエア(スマフォでいうアプリのようなもの)をダウンロードして使うタイプのウォレットの事です。

メリット

  • 手軽に使用することが可能
  • 高機能
  • 取引所が倒産しても資産を失わない
  • ウェブ上のウォレットよりもセキュリティーに優れている
  • インターネットに接続しなくてもウォレットが確認できる
デメリット

  • ソフトウェアのダウンロードに時間が掛かる
  • 初期設定が面倒
  • パソコンが故障したら仮想通貨が取り出せない
  • ウイルス感染やハッキングを受けて盗まれる可能性がある
  • パソコンの容量がかなり必要
  • ソフトをダウンロードしたパソコンでしかウォレットを確認できない
  • ウォレットのログインIDやパスワードも盗まれないようにしなければいけない

デスクトップウォレットの種類

デスクトップウォレットは自分のパソコンにソフトウエアをダウンロードすることで使用することが出来るようになります。このデスクトップウォレットにも全てのブロックチェーンをダウンロードする「完全型」一部のブロックチェーンだけをダウンロードする「簡易型」があります。

そして、最近では簡易型ウォレットの中でもiPhoneやAndroidなどのスマフォアプリとして使用できるモバイルウォレットなどもあります。

完全型デスクトップウォレット

完全型のデスクトップウォレットはビットコインが誕生してから現在に至るまでのすべてのブロックチェーンのデータをパソコン上にダウンロードしてデータを保存します。

仮想通貨市場は日々、規模が大きくなっているのでブロックチェーンは今や膨大な量のデータとなっており、はじめにソフトウエアをダウンロード際にはダウンロードに数十時間かかる上、使用するパソコンの容量も数十GB以上になるので導入するにはかなりハードルが高いといえます。

以下に主な完全型のデスクトップウォレットを紹介します。

Bitcoin Core(ビットコインコア)

ビットコインコアはビットコインの公式クライアントです。セキュリティー面でのオプションが少なく、海外ではあまり人気が高くないのが現状です。

mSIGNA

mSIGNAは高性能なデスクトップウォレットで企業内や複数の信頼できる人達でウォレットを共有できる技術が採用されています。しかし、現段階では説明書などの取り扱い方の情報が乏しく使用するのは難しいです。

軽量型デスクトップウォレット

軽量型デスクトップウォレットは完全型デスクトップウォレットとは違い、ブロックチェーンの一部分のみをダウンロードし、残りのブロックチェーンは外部サーバーから参照する仕組みになっています。

なので、完全型デスクトップウォレットに比べてソフトウエアのダウンロード時間は短く、パソコンの容量もそこまで使用することはありません。ただし、外部のサーバーを使用するのでセキュリティーの面では完全型デスクトップウォレットには劣ります。

以下に軽量型デスクトップウォレットをご紹介します。

Electrum

Electrumはブロックチェーンがサーバー上に保管されているのですべてのブロックチェーンをパソコンにダウンロードする必要はない軽量型のソフトです。その為、ソフトウェアをダウンロードする時間も短時間で済みます。

また、ソフト自体か軽いのでパソコンの動作自体も軽く、ソフトの立ち上がりが早いので、ソフトを起動してからすぐに操作が行えます。その他にも日本語に対応しているので英語が苦手だという人でも簡単に設定が出来ます。

Multibit HD

Multibit HDも日本語に対応している軽量型のデスクトップウォレットです。動作の軽い軽量型デスクトップウォレットのパイオニアでしたが、セキュリティー面でのオプションが少なくElectrumが日本語対応されるようになってしまった為、現状ではMultibit HDを使うならElectrumを使ったほうが無難です。

他のデスクトップウォレットと違い、最大のメリットはクラウドサービスと連携した過去の使用履歴やメモ、アドレス帳などのバックアップ機能があるという事です。ただし、仮想通貨のウォレットのバックアップではない点に注意が必要です。

Copay(デスクトップウォレット版)

Copayも日本語に対応しておりいる簡易版のデスクトップウォレットです。CopayもmSIGNAと同様で企業内や複数の信頼できる人達でウォレットを共有できるので家族でウォレットを共有したい方にはお勧めです。

又、後にも記載しますがCopayはiPhoneやAndroidなどの携帯端末にアプリをダウンロードすることで使用することも出来るので、セキュリティー面では若干劣るのですが利用者数はかなり増えています。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとはiPhoneやAndroidなどの携帯端末にアプリをダウンロードするタイプのデスクトップウォレットです。持ち運びが便利でQRコードなども簡単に利用できることから利便性としては最も高いデスクトップウォレットといえます。

ただし、携帯電話として利用している以上、インターネットに繋がっているのでデスクトップウォレットの中では最もセキュリティー性が低いところがデメリットとして挙げられるので、多額の仮想通貨を保管するウォレットとしてはあまり適していません。

Copay(モバイルウォレット版)

パソコン版のデスクトップウォレットよりはセキュリティー面では甘いものの実用性に関してはデスクトップウォレットよりも格段に高いモバイルウォレットです。操作画面もパソコンとほぼ変わりない使用になっているのでCopayのデスクトップウォレットを使用していて、モバイルウォレットに乗り換えたい人にはおすすめです。

ただし、対応している仮想通貨はビットコインだけなのでその点の不便性はあるのですが、パソコン版のCopay同様に日本語対応しているので通貨表示もドルだけではなく円で換算することも出来ます。

 

Bitcoin Wallet

Bitcoin Walletはアドレス帳で送金相手を管理出来きるというメリットがありますが、日本語に対応していない点やバックアップ先がSDカードではなく内部ストレージに保存されており、バックアップ先の変更にてこずるなどの問題点も多いようです。

 

breadwallet

breadwalletは日本の大手仮想通貨取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」が出資しているモバイルウォレットで日本語で操作できることは勿論、シンプルで使いやすく動作も安定しています。

breadwalletは秘密鍵を端末で保管するので、仮に管理会社がハッキングされたとしてもビットコインを盗まれる危険性がないのでセキュリティー面ではモバイルウォレットの中では高いといえます。因みにbreadwalletでは今までにサービス内でビットコインを盗まれたユーザーがいないそうなので、その点でも安心ですね。

Mycelium

最も人気の高いAndroidのモバイルウォレットの一つ。暗号を更新すると約2日間はバックアップ出来なるなるシステムになっているのでセキュリティ性は高いといえます。ただし、iOS版とAndroid版で開発チームが違うので、iOS版については日本語対応されていません。

Coinomi

Coinomiは最も古く、安心で有名なウォレットの一つで、他のモバイルウォレットがビットコインにしか対応していない中、Coinomiはビットコインやイーサリアム以外にもビットコインキャッシュなど対応通貨は実に65種類以上と他のモバイルウォレットとくらべものにならないです。

又、2017年9月には仮想通貨両替において主要サービスであるChangellyと提携したことにより、ビットコインとあるとコインを両替できるようになりました。勿論、セキュリティーも万全でこれまでにハッキングや情報の流出なども一切ないという点では最もおすすめなモバイルウォレットといえます。

Bither

BitherはApple Watchと連携しておりアップルウォッチで使用して、ビットコイン取引所でリアルタイムでの価格を見ることが可能です。

又、オフラインで使えるコールドウォレットも使えるのでセキュリティー対策としても万全です。ただし、セキュリティーがPINコードのみなのでその点に関してはセキュリティーが甘いような気がします。

オンラインウォレット

オンライン上のウォレットはデスクトップ上のウォレットとは違い常にネットに繋がった状態になっているネット上に存在するタイプのウォレットの事です。オンライン上に存在するという事は常にアクセスされる危険性もあるのでセキュリティー対策を万全に行う必要があります。

メリット

  • 登録するだけなので直ぐに利用できる
  • 初期設定が簡単
  • パソコンやスマホが壊れても仮想通貨に影響はない
  • ネット環境のあるところでいつでもウォレットを確認できる
デメリット

  • パスワードのしっかり管理する必要がある
  • ハッキングされる可能性がある
  • 取引所のサーバーメンテナンス時は利用できない
  • ネット環境が整っていない場所では利用できない

オンラインウォレットの種類

オンラインウォレットについてよく勘違いされているのが取引所内にあるウォレットをオンラインウォレットだと誤解しているケースです。実はオンラインウォレットと取引所のウォレットは似ているようで違います。例えば、日本国内でいうとbitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)等がその典型的なもので、これらは取引所であってオンラインウォレットではありません。

取引所内にあるウォレットというのは、あくまでも取引所の口座に仮想通貨を預けている状態なのでセキュリティー面では不安があるります。だから、取引所のウォレットに仮想通貨を入れているからセキュリティー大丈夫と安心している方は気を付けてください!

以下にオンラインウォレットご紹介します。

Blockchain

Blockchainは今あるオンラインウォレットの中でも最も人気の高いウォレットで海外企業のものになるのですが日本語にも対応しています。取引所とは違いあくまでも仮想通貨を保管することを専門に行っているのでセキュリティー面では取引所のウォレットよりも信頼度が高いです。

また、Blockchain専用のサーバーにバックアップを行うため、ウォレットのキーは自分で保管することが出来るほか、スマホのアプリ版も配信しているので利便性も高く人気が高いです。

Coinbase

CoinbaseもBlockchainと同じく世界的に人気の高いオンラインウォレットです。Coinbaseはそもそもアメリカの大手仮想通貨取引所ですがオンラインウォレットだけの提供を行っているので取引所のウォレットとは違います。

Coinbaseは日本の大手メガバンクである三菱東京UFJ銀行とも業務提携を行っているので日本人にとっては安心感があります。ただし、アメリカの金融機関の口座を持っている必要があり、日本語に対応はしていないので導入ハードルは少し高いといえます。

BitGo

BitGoはブロックチェーン技術を専門に扱うアメリカのカリフォルニアの企業が提供しているオンラインウォレットです。BitGoはアメリカや韓国、インドなどの数多くの仮想通貨取引所のセキュリティーにも関わっており、日本の仮想通貨取引所のビットバンク社とも提携しています。

BitGoは利便性よりは特にセキュリティー面に力を入れているウォレットだと言えます。

GreenAddress

GreenAddressはSegWit(ビットコインのブロックサイズの大きさに関わる問題で、従来の使用であれば1ブロック1MBまでしか情報を書き込めなかったのですが、ブロックに含まれる情報の中の署名をカウントせずに利用することで4MBまで容量を引き上げて使用することが出来るようになるという考えを導入するかどうかという問題)にいち早く対応したオンラインウォレットです。

GreenAddressはSegWitに対応しているので送金手数料が安いというメリットや送金手数料をカスタマイズできるという点でも優れています。その他にも秘密キーを自分で保管できたり、マルチシグ対応(通常は秘密キーが1つだが3つに分散してリスクヘッジする)されているのでウォレットにアクセス出来なくなる危険性も少ないです。

Xapo

Xapoは海外のビットコインウォレットサービスで「Xapoカード」という世界で初めて誕生したビットコインのデビットカードとしても有名で、世界に多くの利用者がいます。ただし、こちらも日本語対応はしていないので導入するのは少し厄介です。

Airbitz

Airbitzも日本語に対応しているオンラインウォレットです。Airbitzの特徴はモバイルにも対応しており、一つのアプリ内で複数のウォレットを作成することで使い分けられる点です。例えば生活費に使用するウォレットはウォレットAを使って、仕事として使用する時はウォレットBを使うことが出来ます。

その他にも、Bluetoothを使った送金も可能です。ただし、デメリットとしてはGlidera、Bityなどの海外取引所限定でしか使用できないです。だから、日本の取引所を使用している方は使用することが出来ません。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとはパソコン内のデータに専用のUSBを繋いでデータを転送し、その後、USB内に仮想通貨のデータを保管することが出来るタイプのウォレットの事です。そのUSBはオンライン上のパソコンに繋がっていなければ、オフラインで仮想通貨を保管することが出来るのでセキュリティーの面ではかなり安全性が高いといえます。

また、ハードウェアウォレットとパソコン、スマホを持っていればどこでも利用することが出来るのでパスワードなどを紙やデータとして持ち運ばなくても大丈夫です。また、仮に紛失した場合でもハードウェアウォレットの電源を入れる時にパスワードが必要なので他人に使用される可能性は低いですし、購入時に設定した単語(秘密キー)を入力することでデータを復元することも可能です。

メリット

  • オフラインでの管理なのでセキュリティーが高い
  • 取引所が倒産しても仮想通貨に影響はない
  • ハッキングやウイルス感染の心配がない
  • 使用方法も簡単
  • 故障や紛失してもデータの復元が可能
デメリット

  • 故障した場合は仮想通貨が取り出せなくなる可能性がある
  • ハードウォレットを購入するのに15,000~20,000円ぐらい必要
  • 故障や紛失した時の為に秘密キーをしっかり保管しておく必要がある
  • ハードウォレット自体の保管を厳重にする必要がある

ハードウォレットの種類

ハードウォレットは仮想通貨を利用している人が最も使っているウォレットで、特に多額の資産を保管している人の殆どはハードウォレットを利用しています。だたし、まだまだハードウォレットの種類は少なく選択肢はあまりありません。

又、ハードウォレット自体の価格も15,000~20,000円とそれなりに高額なので、少額しか仮想通貨を持っていない人にとっては無料で使用できるウォレットを使用している人が多いです。

そして、注意点としては新品を公式ショップから購入するという事です。中古品や公式ショップではないところから購入した場合、ハードウォレットに細工を施し、データを盗めるが盗まれる可能性が0ではないからです。なので、出来る限りハードウォレットのメーカーが運用する公式ショップから購入することをおすすめします。

Ledger Nano S(レンジャーナノS)

Ledger Nano SはフランスのLedger社が販売するOLED液晶画面を搭載したLedgerシリーズの最新モデルのハードウォレットです。セキュリティー面が高いのは勿論、他のハードウォレットと比較しても値段が安く軽量であることが特徴です。

旧モデルではセキュリティーカードやスマートフォンアプリでの認証作業が必要だったのですが、新モデルでは端末のボタンを使って直接承認作業が行えるようになり利便性も大幅にアップしています。又、いち早く新しい暗号通貨にも対応しており、トークンなどの保管も可能です。

因みに、【偽物注意!】Ledger Nano Sの正規品を購入する方法の記事のも紹介しているように、レジャーナノを購入する際はアマゾンや楽天市場などでは購入ぜず、Ledger日本正規代理店より購入することをおすすめします。

 
TREZOR(トレザー)

TREZORはデザインが独特で日本国内でも人気のハードウォレットです。TREZORには最新の暗号技術が使われており、そのソフトウエアはオープンソースとして一般に公開されているため、第三者によっても中身を監視することが出来るので、透明性が高く安全性が保証されています。

又、ビットコインアドレスと同じように文字列を紙に印刷するだけでバックアップを取ることも可能なので、その紙があればいつでも別のディバイスからアクセスすることが出来ます。

 
KeepKey(キープキー)

KeepKeyの特徴はなんといってもシンプルという点です。見た目のデザインは勿論ですが機能に関してもかなりシンプルな作りになっているので機械が苦手な初心者にも使いやすい使用になっています。

ただし、逆に言うと機能がシンプルという事は性能としては他のハードウォレットには劣るので、ハードウォレットとしての人気は他のウォレットに比べて低いと言えます。

 

コールド(ペーパー)ウォレット

コールドウォレットとは一般的には紙やカードを使用したオフラインウォレットの事でペーパーウォレットなどとも言われます。コールドウォレットはパソコンやネット上にあるわけではないので今まで紹介したウォレットの中でも一番セキュリティーが厳重なウォレットだといわれています。

コールドウォレットは紙に印刷して使用することも可能なので小切手や現物の紙幣のようなイメージに近いです。実物(紙)として保管することになるので無くしたり燃えてしまったりした場合には仮想通貨がが取り出せなくなる可能性はあるものの、多額の仮想通貨を保管する場合にはこのコールドウォレットを使用する場合が多いです。

メリット

  • セキュリティー性が最も高い
  • 使用方法も簡単ですぐに使用できる
  • オフラインなのでウイルス・ハッキングの心配もない
  • 取引所が倒産しても仮想通貨に影響はない
デメリット

  • 紛失・盗難の危険性がある
  • 紙なので火災などで燃えてしまう可能性がある
  • 長期保存の場合には印刷した字が消えてしまう可能性がある
  • コールドウォレット自体の保管を厳重にする必要がある

ペーパーウォレット作成方法

ペーパーウォレットは今まで紹介してきたデスクトップウォレットやオンラインウォレット、ハードウォレットなどとは違い紙に仮想通貨のアドレス(公開鍵)と秘密鍵を印刷するだけなので特に種類はありません。

ペーパーウォレットの作成方法はhttps://www.bitaddress.org/からペーパーウォレット作成ソフトをダウンロードして、そこで秘密鍵と公開鍵を生成し印刷することで簡単に作成できます。ペーパーウォレットが物理的に盗まれない限り、仮想通貨を盗まれることがないのでセキュリティー面では圧倒的に優れています。

しかし、印刷した紙をなくしてしまったり、印刷したインクが薄くなって読み取れなくなった場合にはペーパーウォレットから仮想通貨を取り出せなくなるので、その点では不安があります。

まとめ

以上が仮想通貨を保管する上で利用可能なウォレット4種でした。個人的にはハードウォレットが最もおすすめだとは思うのですが、ウォレットにはメリットだけではなくデメリットもあるので、その人が保有している仮想通貨の規模や取引期間の長短によってもどのウォレットがいいかというのは違ってくるので自分あったウォレットを使うべきですね。

せっかく自分の資産を運用しようと仮想通貨を始める方も多いと思いますが、資産の方法をしっかりと学ばずに安易に考えていると全資産を失ってしまう可能性も十分にあるので仮想通貨の保管方法については一度真剣に考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください