仮想通貨の二段階認証アプリが入ったスマフォを紛失したらすべき事|コインラッシュ

スポンサーリンク

つい先日、スマフォを紛失してしまい、仮想通貨の二段階認証アプリがスマフォに入っていたので、もしかしたら仮想通貨の全資産を取り出せなくなるかもしれないと顔が真っ青になりました。結局、最終的にはスマホが見つかったので問題はなかったのですが、今後同じようなことが起こらないとは言い切れません。

多くの人が仮想通貨取引所にログインする際に二段階認証を設定しており、その二段階認証のアプリはスマフォに入っていると思います。しかし、この二段階認証アプリが入っているスマフォを私と同じように落として紛失してしまったり、故障してしまった場合にはどうすればいいのか調べてみました。

二段階認証は大前提としてパスワードなので資産に影響はない

まず、もっとも気になることが仮想通貨を今後取り出すことが出来なくなるのではないか?という事だと思います。しかし、安心してください。この二段階認証というのはあくまでも取引所にある自分のウォレットにアクセスするためのパスワードなので、所有している仮想通貨資産が取り出せなくなるという事はありません

基本的には仮想通貨取引所に問い合わせフォームから連絡して、二段階認証の設定を解除してもらう事になります。具体的には以下に仮想通貨取引所別の問い合わせ先と二段階認証を解除するにあたって必要な情報を記載いしています。

Coincheck/コインチェック

二段階認証アプリ( Google Authenticator )をインストールした端末(スマフォ・タブレット)等を、紛失した、故障して使えない、アカウントを誤って消してしまった場合にはコインチェックお問い合わせフォームから連絡する。

二段階認証を解除するにあたっては以下の内容についての確認があるので事前に用意しておく必要があります。

  • 名前(フルネーム)
  • 登録している電話番号
  • IDセルフィー画像

これらの情報を確認し、本人確認が完了した場合には2段階認証を解除してもらえます。

ビットフライヤー/bitFlyer

ビットビットフライヤーの使用者が二段階認証アプリをインストールした端末を紛失した場合にはビットフライヤーお問い合わせフォームより連絡する。電話で本人確認したのちに二段階認証機能を解除してもらえる。

ザイフ/Zaif

ザイフの使用者が二段階認証アプリをインストールした端末が紛失または故障してしまった場合にはザイフお問い合わせフォームに連絡します。その際に以下の情報を記載の上送ります。

  • ザイフに登録している名前(フルネーム)とフリガナ
  • ザイフに登録している住所
  • ザイフに登録した日時
  • 取引履歴
  • ザイフに登録した電話番号

これらの情報は登録した時にザイフから届く登録完了メールを参考に記入すればスムーズに本人確認してもらえると思います。仮に取引履歴などがわからなくても、まずはわかる情報だけを記入して、ザイフからの指示を待ちましょう。本人確認が完了すれば二段階認証を一旦停止してもらえます。

その他取引所

その他の取引所に関しても基本的には取引所に連絡し、本人確認が取れれば二段階認証を解除してもらうことができ、取引口座にログインすることが出来るようになります。ただし、海外取引所の場合はお問い合わせなどのやり取りが外国語で行わなければならないので、その点は注意が必要です。

今後同じ過ちを起こさないために・・・

二段階認証を設定しておくことは仮想通貨取引所を利用する上では必要最低限の事だという事は誰しもが理解している事だと思います。しかし、二段階認証がスマフォやタブレットの故障・紛失など、何らかのトラブルが起こって使用できなくなった時のことまで考えている方は少ないと思います。

今後、そういったトラブルが起きてしまった時にわざわざ取引所に問い合わせして本人確認などのやり取りを行っていたのでは、かなり時間が掛かってしまい絶好の投資のタイミングを逃してしまう可能性も十分にあります。

そうならない為にも二段階認証を設定する時に2台の端末に同じ二段階認証コードを読み取りさせるか、二段階認証のバックアップコードを事前に取得しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください