これだけ知っていれば大丈夫!初心者の為の仮想通貨用語解説集|コインラッシュ

スポンサーリンク

ビットコインて何だろう?仮想通貨って何?という人でも大丈夫です。これから仮想通貨を始めようと考えている人に理解しやすいように分かりやすくビットコイン・仮想通貨を学ぶうえでよく出てくる用語を解説していきます。

あ行

ICO(アイシーオー)

ICOとは(Initial Coin Offering/イニシャル・コイン・オファリング・新規仮想通貨公開)の略で「クラウドセール」や「プレセール」、「トークン」などと言われることもあります。ICOは企業が事業を行う為に、仮想通貨を発行して資金を調達する次世代の資金調達方法です。今までは企業の資金調達の方法として『IPO/新規株式公開』が行われていましたが、発行した株式の審査がかなり厳しく、その上、証券会社を仲介して投資家に販売して資金を集めるのでかなりハードルが高かったのですが、ICOであれば簡単に世界中から資金調達をすることが出来ます。ただし、逆にいうと詐欺のような怪しいICOもあるので注意が必要です。

握力/グリップ力

購入した仮想通貨が将来値上がりすることを信じて、どれだけ大暴落したとしても売らずに保有し続ける意思のこと。仮想通貨市場は株やFX市場に比べて乱高下が激しいが、まだまだ未成熟の市場で右肩上がりに推移していく傾向にあり、長期保有していると必然的に価格が上がる為、握力が重要だと言われている。

アルトコイン/オルトコイン

アルトコインとは仮想通貨の中で、ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインという。つまり、ビットコインと同じくらい有名な通貨(イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ等)もアルトコインと呼ばれる。

アービトラージ

日本語に訳すと「鞘取り(サヤトリ)」となる。仮想通貨の価格は同じ種類の仮想通貨であっても、取引所によって価格が違う場合がある。例えばA取引所でビットコインが100万円で購入できるがB取引所では101万円で購入出来ることがある。そして、アービトラージはビットコインをA取引所で100万円で購入してB取引所に101万円で販売して利益を出すことをいう。

イナゴ

イナゴが稲穂に群がるように、旬の仮想通貨銘柄に群がる人たちの事を指す。価格が暴騰し始めた仮想通貨に飛びつき、更にその相乗効果で価格大暴騰したチャートの事を「イナゴタワー」とも呼ぶ。因みに、イナゴに握力(グリップ力)はないのでその銘柄はその後大暴落することが多い。

ウォレット

仮想通貨を管理するための財布(ウォレット)の事を言います。ウォレットには4種類あってデスクトップウォレット、オンラインウォレット、ハードウェアウォレット、コールドウォレットがあります。これら4種類のウォレットにはセキュリティーや利便性などにそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の使用用途に合ったウォレットを選ぶ必要があります。(詳しくは→仮想通貨4種類のメリット・デメリットを比較)

億り人(オクリビト)

仮想通貨で資産が1億円以上になった人の事をいう。株の世界では10倍以上に価格が上がる銘柄を見つけるだけでも凄いとされているが、仮想通貨の場合には10倍どころか100~1000倍以上に価格が跳ね上がる銘柄もあるので、億り人になる人が続出している。

か行

仮想通貨/暗号通貨

暗号理論を用いて取引の安全性を確保しているデジタル通貨の事。代表的な仮想通貨はビットコインであるが、コインとして実在はしておらずデータ上(仮想空間)にのみ存在する為、仮想通貨と呼ばれている。暗号通貨は仮想通貨と同意語。

ガチホ(ガチホールド)

購入した仮想通貨が暴騰暴落したとしても売買せずに、中長期間保有し続ける事。価格変動が大きい仮想通貨市場で初心者や投資の素人が勝つための最強の投資法とも言われている。

草コイン

ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼ぶが、その中でも誰も知らないような雑草のような仮想通貨の事。草コインは価格が安く、今は有名なアルトコインも昔は草コインだったことを考えると、草コインに投資することで相当大きなリターンを期待することが出来る一方、何の価値もない詐欺まがいの草コインも存在するのでリスクも大きい。また、ビットコインで暴落が起こった場合に草コインはビットコイン以上に暴落することがほとんど。

GOX(ゴックス)する

2014年、当時世界最大規模のビットコイン取引所であったマウントゴックスが多くの投資家のビットコインを預かったまま突然蒸発してしまうという事件があった。これが由来でマウントゴックスのように突然取引所が潰れたり蒸発したりすることを「GOX(ゴックス)する」という。

51%攻撃

ビットコインの取引を成立するために行われるマイニングという作業の速度をある悪意のあるグループまたは個人が全体の51%以上を支配した場合に不正な取引のブロックチェーンを作成することが出来てしまうこと。全体が持つ計算量の過半数を支配すると①不正な取引の正当化②正当な取引の拒否③マイニングの独占を行う事が可能になります。しかも、現在51%攻撃に対する有効な対策はありません。

さ行

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは直訳すると「賢い契約」となり、これは契約内容をコードにしてプログラミング化して行うことで、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させる技術の事。ある契約をプログラムで定義して、その定義された条件に合致した場合に強制力を持って自動で報酬の支払いを受けることが出来るので、契約などに第三者(仲介人)の介入を必要とせず、仲介手数料が安くなる。

セルフゴックス

セルフゴックスとはその字の通り「自分でゴックスする」ことです。。ゴックスとは違い取引所の破綻や蒸発が理由ではなく、自分で保管しているパスワードを忘れたり、スマホの紛失や故障することが原因で自分の保有する仮想通貨を取り出せなくなってしまうことです。

サトシナカモト

ビットコインの生みの親。ネット上に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と論文が公開され、その著書欄に書かれていたペンネームがサトシナカモトです。ビットコインはこの論文を元に世界のエンジニアによって開発が行われました。サトシナカモトは日本人のような名前ですが、論文の中に日本語がないことやイギリス英語が使用されていることなどから日本人ではないと言われています。

satoshi(サトシ)

ビットコインの最小単位のこと。0.00000001BTC=1satoshiで表される。これはビットコインの生みの親であるサトシナカモト(Satoshi Nakamoto)から由来しています。

な行

二段階認証

IDとパスワードを入力するだけではなく、合わせてセキュリティーコードも入力しなければ取引所にログインすることが出来ないようにする安全上の仕組み。特に有名なものはグーグルが提供している「Google Authenticator」です。ただ、この二段階認証アプリをダウンロードしている端末が故障・紛失した場合にはセルフゴックスになってしまいます。そうならない為にも事前に対策しておく事をおすすめします。

ノード

ビットコインネットワークに参加している人(端末)の事を指します。ビットコインネットワークの参加とは「マイニング」以外ににも、ただ単にブロックチェーンを保存している事でも「参加している」といえます。

は行

ハードフォーク

ある仮想通貨において新しいルールに基づく新仕様と従来通りのルールを適用した旧仕様の通貨に分裂すること。過去にハードフォークした仮想通貨はビットコイン(BTC)の場合にはビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインゴールド(BTG)、ビットコインゴールド(BCD)などがあり、イーサリアム(ETH)の場合にはイーサリアムクラシック(ETC)がある。

半減期

半減期とはマイニングによって得られる報酬が半分になってしまう時期の事をいいます。何故、半減期が設けられているのかというと、ビットコインをはじめとした仮想通貨には予め発行上限枚数が定められている通貨が多く、半減期を設けなければすぐに発行上限枚数に達してします。発行上限枚数に達してしまった通貨は、今後新たに通貨が発行されることはなくなり希少性が上がるので急激に価格が高騰してしまいます。そして、その通貨に価値がないと分かった瞬間に今までにないぐらいの大暴落を起こす危険性があるので、市場の価格均衡を保つために半減期が設けられているというわけです。

P2P(ピア・ツー・ピア)ネットワーク

中央にサーバーが不在のインターネットシステムのこと。相互に情報を共有することでそれぞれが欲しい情報の提供や要求、アクセスを行う自律分散型のネットワークモデル。ビットコインはこのシステムを応用することで開発され、中央集権型の法定通貨(日本円、ドル、ユーロ等の国が発行している通貨)と対比して非中央集権型通貨と言われている。

ビットコイン

ビットコインはインターネット上で使うことが出来る通貨のの事で「仮想通貨」や「暗号通貨」、「デジタル通貨」などと言われています。そして、ビットコインは数多くある仮想通貨の中で代表的な仮想通貨です。開発したのはサトシナカモトと呼ばれる謎の人物(組織)で、今現在のその正体がわかっていません。このビットコインはサトシナカモト氏が発明した設計図に基づいたプログラムによって動作しており、管理団体は存在していません。

フィンテック

フィンテックとはIT技術を使った新しい金融サービスの事で、金融の「Finance」と技術の「Technology」を組み合わせた造語です。このフィンテックによって仮想通貨は生まれましたが、フィンテックは仮想通貨だけを表す言葉ではありません。例えば、スマートフォンでカード決済をしたり、自動で家計簿が作成できる「クラウド家計簿」やキャッシュカードを一枚にまとめて使うことが出来る電子カードの開発などもフィンテックと言われます。

ブロックチェーン

ビットコインから誕生した次世代型のテクノロジー技術のこと。このブロックチェーン技術はインターネットの発明と同じくらいの革新的な技術であるといわれています。また、ブロックチェーン技術は仮想通貨にだけ使われる技術ではなく、様々な分野に利用できることが期待されている。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

プルーフ・オブ・ワークは「Proof of Work」と表記され、直訳すると「仕事の証明」という意味になります。これはマイニングにおいて、最も仕事をした人(最も早くブロックを作った人)に報酬を与えるというルールです。ビットコインではマイニングにプルーフ・オブ・ワークを採用していますが、他の仮想通貨では様々なルールを元にマイニングやそれと似たよう作業を行っています。

ま行

マイニング

ビットコインの取引を成立させるために行われる作業の事。マイニングを日本語に訳すと「採掘」という意味になります。採掘は金(ゴールド)や石油、鉄鉱石などを掘り起こすことをイメージする方が多いと思いますが、ビットコインも同じように採掘によって今までに世の中に出てきていないビットコインがマイニングによって新たに発行されるています。その点で、ビットコインは「デジタルゴールド」とも言われています。

MOON(ムーン)

仮想通貨の価格の暴騰が続き、月(to the moon)まで届きそうな爆上げの事をいう。

レンディング

保有している仮想通貨を取引所の貸し出し、金利を受け取るという運用の仕方の事。利率は取引所は貸出期間の長さによって変わり、14日の場合は年率1%、30日の場合は年率2%、90日の場合は年率3%、1年の場合は年率5%などと設定されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください