仮想通貨の誤解|ビットコインがマイナスになっても借金にならない!|コインラッシュ

スポンサーリンク

2018年の1月は今までにないぐらいの仮想通貨の大暴落が起こり、仮想通貨で大損害を出して借金が抱えてしまったという話をネットニュースやテレビなどで目にすることがたくさんありました。

そんな話を聞くと『やっぱり仮想通貨は危ない!』とか『ビットコインで借金にしてしまう!』といったイメージを持ってしまっている人も多いと思います。

しかし、仮想通貨が大暴落して資産がマイナスになることはあっても、ほとんどの人は絶対に借金をすることはありません。

なので、あなたがもし『仮想通貨を始めてみたいけど、借金するのは嫌だから迷っている』というのであれば、是非この記事を参考にしてみてください。

ビットコインを買ってマイナスになっても、借金にはならない!

『購入したビットコインの価格が下落して、マイナスになって借金が出来てしまったらどうしよう?』

多くの人が仮想通貨を始める上で一番初めに抱く不安だと思います。しかし、安心してください。ビットコインを購入して仮に価格が大暴落した場合、資産が減ることはあっても借金になることは絶対にありません。

なぜ絶対に借金をすることがないと言い切れるかと言うと、ビットコインをはじめとする仮想通貨は基本的にあは『現物取引』だからです。

現物取引とは?
現物取引とは市場で実際にそのモノ(現物)を購入・売却する取引の事です。

現物取引の場合は、自分が持っている資金の範囲内でしかビットコインを買うことが出来ないですし、もちろん持っていないビットコインを売ることも出来ません。

分かりやすいように、具体例を出して解説します。

例えば、あなたがもし1ビットコインを100万円で購入します。そして、仮に1ビットコインが200万円になった時にビットコインを売ればあなたは200万円が入るので100万円の利益が出たという事になります。

一方、仮想通貨の大暴落が起こり1ビットコインの価格が0円になった時にビットコインを売っても、あなたに入ってくるお金は0円となり100万円の損失が出たことになります。しかし、それ以上の損失は出しようがないのです。

つまり、現物取引で仮想通貨を購入したら、仮に大暴落が起こってビットコインの価格が0円になっても、あなたの仮想通貨資産が0円になるだけでそれ以上のマイナスにはならないので絶対に借金はしないのです。

なぜ、仮想通貨で借金をしている人がいるのか?

仮想通貨が現物取引なのであれば、自分が持っている資金の範囲内でしかマイナスが出ないので借金のしようがないのに、なぜネットやテレビなどではビットコインで借金をしたという人があれだけたくさんいるのか?と疑問に思うかもしれません。

確かに、自分が持っている資金の範囲内で現物取引をやれば借金をする可能性は0なのですが、①借金をしてビットコインを購入した場合②ビットコインFX(証拠金取引)をした場合には借金をしてしまう可能性があります。

借金をしてビットコインを購入した場合

借金をしてビットコインを購入した場合に、もしそのビットコインの価格が購入した時の価格よりも下がってしまったらもちろん借金をしてしまう事になります。

中には、100%ビットコインの価格は今より上がるからお金を借りてでも購入しておいた方が良いと勧められて、本当に購入してしまう人も多いみたいで2018年に仮想通貨の大暴落の時に多額の借金を抱えてしまった人がいるようです。

なので、仮想通貨で借金をしたくなければキャッシングなどの借りたお金で絶対に投資をしないようにしてください。

ビットコインFX(証拠金取引)をした場合

ビットコインFXを行って投資をした場合に、借金をしてしまうケースもかなり多いです。それはビットコインFXが『証拠金取引』だからです。

証拠金取引とは?
証拠金取引とは取引所に保証金を預けて、その保証金を担保にお金を借りて自分が持っている資金の数倍から数十倍ものビットコインの購入をして、売買時の差額で利益を出す取引の事です。

現物取引の場合は、自分が持っている資金の範囲内でしかビットコインを買うことが出来ないのに対して、証拠金取引は自分が持っている資金以上のお金でビットコインを購入することが出来るので借金を抱えるリスクがあります。

今回も現物取引の時と同様に、具体例を出して解説します。

ビットコインFXの場合、証拠金(自分の持っている資産)に対して2~20倍の取引を行うことが出来ます。

例えば、あなたが100万円のお金を持っている場合、そのお金を担保に200万~2000万円分のビットコインを購入することが出来るというわけです。(もちろん、いろいろな条件はありますが。)

そして、仮に10倍の証拠金取引を行うと、通常であれば1ビットコイン100万円の時に1ビットコインしか購入できないはずなのに、10ビットコイン購入出来てしまうのです。

10ビットコイン購入出来るという事は1ビットコインが120万円になったら(120万-100万)×10ビットコイン=200万円の利益になるのですが、1ビットコインが80万円になった場合には(100万-80万)×10ビットコイン=200万円の損失になってしまいます。

このビットコインFX(証拠金取引)を行う人は少ない資金で大きく儲けたい人が利用するのですが、リターンが大きいという事はリスクも大きいという事を絶対に頭の中に入れておかなければいけません。

まとめ:自己資金で仮想通貨を購入すれば絶対に借金にならない

ネットニュースやテレビでは仮想通貨で莫大な借金を背負ってしまった人を取り上げている場合が多いですが、仮想通貨で借金を作ってしまう人というのは仮想通貨をやっている人のほんの一握りしかいません。

それは、儲かるからという理由で借金をしてまで仮想通貨を購入している人や、少ない資金で大きく儲けたいからとビットコインFX(証拠金取引)に手を出してしまった人だけです。

それ以外の、自己資金で仮想通貨の現物取引を行っている人は資産が減ってしまう事はあっても、借金を抱えてしまうようなマイナスになることはありません。

つまり、自分が仮想通貨に投資する資金の10万円と決めてしまえば、10万円以上を損することはないのです。逆に、仮想通貨市場が今以上に成長していけば10万円が30万円や50万円、100万円になる可能性があるので夢のある投資だと思いせんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください