サルでもわかるビットコインとは?初心者にもわかりやすく解説!!|コインラッシュ

スポンサーリンク

2017年は仮想通貨元年とも言われ、仮想通貨市場が今までにない程の盛り上がりを見せ、ネットやテレビで取り上げられる機会も多かったので多くの人がビットコインという名を知ることになったのではないでしょうか。

しかし、名前は知っていても結局のところビットコインって何なの?という疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで、このページでは改めてビットコインとはどんなものなのかという事をわかりやすく解説していきます。

ビットコインとは?

ビットコインの説明をする前に、まず簡単に『仮想通貨とは何か?』を解説します。仮想通貨とは、「紙幣」や「硬貨」などのような実体がない「価値を持ったデジタルデータ」のことで、海外などでは「暗号通貨」などと言われることもあります。

仮想通貨は実体がないので、やり取りは全てパソコンやスマホ、タブレット端末を使ってインターネットを通じて行われるので、「紙幣」や「硬貨」は必要ありません。

そして、この仮想通貨の種類は1400種類以上もあるといわれているのですが、その中で最も代表的な仮想通貨がビットコインなのです。

ビットコインは“サトシ・ナカモト”という謎の人物が2008年に発表した論文がもとで生まれました。しかし、このサトシ・ナカモトという人物は2018年現在も正体がわかっていません。そもそも、名前も偽名であると考えられており、日本人ではないとの見方が多いようです。

とこのように、ビットコインの誕生にはいまだに開発者がわかっていないというミステリアスな部分もあるのです。

ビットコント(仮想通貨)のメリット・デメリット

  法定通貨(円・ドル等) ビットコイン(仮想通貨)
中央集権 国・中央銀行 ない
実体 ある ない
発行量 上限なし 上限あり
使える場所 主に発行国の国内 世界中の取扱店舗
価格変動 小さい 大きい
送金速度 遅い 早い
送金手数料 高い 安い

そんな開発者すらわからないような不思議なビットコインですが、通貨としての価値が世界中で認められつつあります。では、ビットコインをはじめとした仮想通貨には一体どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ということで、実際に日本円や米国ドルなどの「法定通貨」とはどのように違うのか比較してメリット・デメリットを解説していきます。

ビットコイン(仮想通貨)のメリット

  1. 世界中で使える
  2. 送金速度が速く、送金手数料が安い
  3. 非中央集権なので価値を保存できる

ビットコインのメリットを簡単にまとめると上記の3つになります。①、②については簡単に理解できると思うのですが、③の非中央集権型通貨であることがなぜメリットなのかと感じる方も多いと思います。

例えば、円を発行している日本銀行は中央集権です。中央集権は日本円の発行量を決めることが出来るので多く刷ったり、少なく刷ったりしてして発行量を調整し経済を動かしています。

しかし、これは別の見方からすると日本円の価値を中央集権が上げたり下げたりしているという事なのです。

要するに、中央集権が発行する法定通貨の価値というのは国の政策一つで価値が上がったり下がったりしてしまうというわけなのです。

一方、仮想通貨というには現状は誕生して間もないので市場は安定していませんが、最終的には市場が安定して国の政策によって自分の資産価値に影響を与えないというメリットがあるのです。

ビットコイン(仮想通貨)のデメリット

  1. 非中央集権なので資産を自分で守らなければいけない
  2. 将来本当に普及するかは不明

ビットコインのデメリットは簡単にいうと上記の2つです。まず、①の非中央集権についてはメリットでもあるのですが、デメリットでもあるのです。中央集権が発行する法定通貨は国が1万円なら1万円とその価値を認めています。

しかし、ビットコインについては誰からも価値が保証されていません。非中央集権でビットコインの価値を決めるのはその市場にいる人たちの共通認識(みんながビットコインには100万円の価値があるという認識)で決まります。

つまり、仮想通貨市場にいる人たちがビットコインに価値がないと考えるようになれば価値は0になってしまう可能性があります。

また、現段階ではビットコインに100~200万円の価値がついていますが、それはみんなが将来仮想通貨が世界に普及すると考えているからこれだけの価値があると評価されていますが、仮想通貨に代わる何かが現れた場合にはビットコインに価値がないと見なされてしまうかもしれません。

ビットコインに欠かせないブロックチェーンの仕組みとは?

「ブロックチェーン」とは、ビットコインには欠かせない技術で、ビットコインの取引記録をすべて記録している帳簿のようなものです。

そして、なぜその帳簿のようなものがブロックチェーンと呼ばれているかというと一定期間の取引記録がひとつの“ブロック”になっており、そのブロックが“チェーン”のように繋がっているからです。

このブロックがチェーン上に繋がっていることで、過去の取引履歴を改ざんすることがぼぼ不可能となる重要な仕組みになっています。

例えば、法定通貨であれば、仮にAさんからBさんに資金を移動しようとしても、間に銀行を通さなければ取引が出来ません。そして、この銀行が全ての情報を管理しているので、そこがハッキングされてしまうと簡単にデータを改ざんされてしまいます。

一方、ブロックチェーンの場合はAさんからBさんへ直接資金の移動をすることが出来ます。その際に、AさんからBさんへ資金が移動したという情報がブロックチェーンに記録され、すべてのシステムに伝達されます。

今までの、取引記録(ブロックチェーン)を保有している人は世界中にたくさんいるので、仮にその中の一人が保有している取引記録をハッキングにより書き換えられたとしても、それ以外の取引記録と違うのでその記録は信用されず正しいデータとして更新されません。

要するに、このブロックチェーンという技術があるから、間に銀行を入れなくても個人間で送受金が出来るのでのです。

そして、この送受金は海外の場合でも採掘(マイニング)という作業をしてくれる人への報酬として数十円~の手数料を支払うだけで数秒で完了するので、銀行の手数料よりも格段安く格段に速いというメリットもあります。(因みに、銀行で海外送金する場合には数千円~数万円手数料がかかり、送金完了するのに3~5営業日かかります。)

ビットコインを掘り当てる採掘(マイニング)とは?

ビットコインは取引が発生した場合に、その取引を成立する為に必要な作業(取引データ作成する為の難しい計算や、そのデータが正しいかの確認作業)があるのですが、そのビットコイン取引に必要な作業の事をマイニングと言い、その作業をする人の事をマイナーと呼びます。

ビットコインには紙幣や硬貨は存在しない仮想通貨ですが、最初から存在しているモノを利用しているワケではありません。ビットコインは取引が発行されるのはマイナーがマイニングをした際に報酬として世の中に新しく発行されるのです。

マイニングで発行されるビットコインの発行上限は2100万BTCと最初から決められており、この世の中に出回ていない希少な通貨を手に入れる様子が鉱山で金を掘り当てている状況に似ていることから採掘(マイニング)と呼ばれるようになりました。

つまり、ビットコインのシステムを維持することが出来ているのマイナーによるマイニングが行われているからです。

マイナーの役割

  • ビットコインネットワークの維持
  • 取引データが正確化の確認
  • 新しいブロックチェーンの生成

ビットコインにはなぜ価値がある?その裏付けは?

ビットコインはただのデータなのに、なぜお金のとしての価値があるのか?その裏付けは何なのか?を知る上で、そもそも『お金とは何か?』を知る必要があります。

お金について深く考えたことがない人も多いかもしれまんが、お金について深く考えることで仮想通貨の価値を理解することが出来るようになります。

お金がない時代は物々交換だった

もともとお金はこの世には存在しませんでした。お金が存在していなかった時代に生きていた人たちは「物々交換」によって食べ物を手に入れたり、道具を手に入れたりしていました。

しかし、食べ物などは長く保管することが出来ない時代なので、それでは不便だということで、まずは「稲」が現在のお金の役割を果たしていました。

その後、「稲」から「貝殻」に代わり、「金」にたどり着きました。でも、金は重くて持ち運ぶのが不便だったので、一部のお金持ちが「両替商」という商売を始めました。これが銀行のルーツと言われています。

そこに金を持っていくと、「預かり証」というものを発行してもらえるのですが、その紙なら持ち運びも便利で、その紙を両替商のところにもっていくと「金」と交換してもらえるという仕組みになっています。

ただ、この時代にも悪い人がいて、実際に金が何にも関わらず預かり証だけを発行する両替商が現れ、預かり証を持って行っても金に交換してもらえないという問題が起こりました。

そして、当時の政府が預かり証を発行する権利を1つの銀行にだけ与えたのが現在の日本銀行というわけです。

お金の価値って?

では、お金の価値って何でしょうか?例えば、1万円札の価値って何ですか?

そう尋ねると「1万円札の価値は1万円だ!」と答える人がほとんどだと思います。でも、1万円札を作るのにかかる費用は大体20円ぐらいです。じゃな、なぜ20円のコストが掛かった紙が1万円としての価値があると思うのでしょうか?

それは、日本に住んでいるすべての人が「1万円札には1万円の価値がある」という共通の認識があるから1万円の価値があるのです。海外では、1万円札は両替しなければ1万円の価値がないのというのは、海外の人には日本の1万円札に1万円札の価値があるという認識がないからなのです。

つまり、お金はもともと稲や貝殻などのだったことからも分かるように、お金そのもの自体に価値があったわけではなく、「その金額の価値がある」と信じている人たちの共通認識で成り立っているというワケなのです。

ビットコインの価値って?

ここまで説明するとある程度分かってもらえたと思いますが、ビットコインの価値は「ビットコインには〇〇〇万円の価値がある」と信じている人たちの共通認識でしかありません。

2018年現在では1BTCの価格は100~200万前後で価格が推移していますが、2010年に世界で初めてビットコインによる取引がされた時には1万BTCでピザ2枚を購入したらしいです。これはそのピザに1億円~2億円の価値があったわけではなく、その当時の人々が「1万BTCの価値はピザ2枚程度」としか価値を感じていなかったからです。

しかし、今ではビットコインの発行上限は2100万枚と制限されている希少な通貨なので、もしビットコインが世界中の決済に使用されるようになった場合には1BTCが数百万円の価値になると信じている人たちの共通認識によって価値が裏付けられているというワケです。

仮想通貨(ビットコイン)が投資対象として注目を集める理由

ビットコインは怪しい!」や「ビットコインはよくわからない。」という理由から、仮想通貨を初めていない人がほとんどだと思います。でも、ビットコインについて少し知れば怪しいものでもないし、難しいものでもないということがわかってもらえたと思います。

でも、なぜビットコインをはじめとした仮想通貨への投資がここまで注目を集めている理由を最後に紹介します。

少額から始められる

仮想通貨は他の投資に比べてもかなり少額から投資を始めることが出来ます。

例えば、株式投資の場合は、多くの銘柄が100株単位で取引されており、日本を代表するトヨタ自動車の株価は1株8000円前後なので、最低でも80万円は必要になります。また、FXと言われる為替取引は最低でも10~12万(レバレッジをかけない場合)が必要となります。

一方で、ビットコインであれば1BTC が100万~200万円と高額であっても、最小で購入出来る単位は0.0001BTCなので100~200円で始めることが出来るのです。

ローリスク・ハイリターンが望める

ビットコインなどの仮想通貨の投資をする上で、一番心配なのが損をした時のことだと思います。ネットやテレビのニュースなどを見ていると「ビットコインの大暴落で数百万円損をした借金を抱えた!」などという人が取り上げられています。

しかし、ビットコインで借金をする事は絶対にありません。なぜなら、ビットコインを購入した金額以上は損することがないからです。仮に1万円分のビットコインを買って、ビットコインの価格が大暴落して0円になったとしてもあなたの損失は1万円だけです。

では、なぜネットやニュースではビットコインで借金をした人がいるのかというと、それは借金をしてビットコインを買ったか証拠金取引(担保を預けて、その担保の数倍~数十倍のビットコイン取引をすること)をしていたからです。

なので、仮想通貨取引というの自分で最大限失っても良いリスクを決めることが出来るのです。

そして、仮想通貨というのは株やFXとは違って1年で資産が数十倍~数百倍になる可能性があるのです。例を挙げると、2017年に最も値上がりしたモナコインという通貨は1年間で402倍の価値になりました。(因みに、ビットコインは13.38倍)

これは2017年の年始にモナコインを1万円購入していると、2017年の年末には400万円になっていたという事なのです。つまり、1万円のリスクで400万円のリターンが見込めるという事なのです。これは株投資やFX、不動産投資などでは絶対にあり得ません。

このローリスク・ハイリターンこそが仮想通貨投資が注目を集めている一番の理由です。ただし、今からでも仮想通貨でも大儲けすることは十分に可能ですが、投資である以上は利益が出た場合には法律に従って税金を納めなければいけない点は注意が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください