仮想通貨を始める前に知っておくべき5つのビットコイン投資リスク|コインラッシュ

スポンサーリンク

ビットコインをはじめとした仮想通貨は少額から始めることができて、最大限の損失金額も自分で決められるので初心者におすすめの投資だと言えます。

しかし、投資をすることでリターンを見込めるという事はもちろんリスクもあるという事は事前に知っておく必要があります。

以下に、仮想通貨を始める前に知っておくべき5つのビットコイン投資リスクを解説します。

リスク1:価格変動リスク

ビットコイン投資の一番の魅力でもあり、一番のリスクでもあるのが価格変動のリスクです。ビットコインをはじめとした仮想通貨は価格変動の幅が広いので大きく利益を出しやすい反面、大きく損失をだす可能性もあります。

株やFXなどでは1日に価格が数万円~数十万円動くことはありませんが、仮想通貨の場合にはそれだけ大きな価格変動も十分にあり得るので、1日で資産が倍になったり半分になったりという事もあります。

リスク2:取引所リスク

ビットコインはブロックチェーン技術によって信頼性やセキュリティーの高さで価値を評価されてきましたが、そのビットコインを保管している取引所がハッキングによってビットコインを盗まれる危険性があります。

その他にも、取引所の経営不振による倒産や内部の人間の横領などがあった場合には資産のすべてを失ってしまう可能性があるます。ただ、この点は信頼できる取引所を選んだり、複数の取引所に口座を開設して資産を分散しておいたり、ウォレット(財布)を作って自分で保管することでリスクを回避できます。

リスク3:流動性リスク

流動性とはビットコインが売買されている規模の大きさの事です。例えば、株やFXであれば流動性が高いので買いたいときに買えて、売りたいときに売ることが出来ます。

一方、ビットコインは株やFXに比べて流動性が低いので絶好の買い時でも売りたい人がいなければ変えず、暴落の時に売りたくても買いたい人がいなければ売ることが出来ません。

これは仮想通貨という市場がまだまだ新しいので取引参加者が株やFXに比べて少ないことが原因なので、今後仮想通貨市場が更に大きくなってくるとこのリスクは解消されることになります。

リスク4:法規制・税制リスク

リスク3でも記載したように、仮想通貨はまだできて間もない市場なので、法律・税制が整備されていないので今後色々な法律や税制が施行されることが予想されます。

そして、仮想通貨への対応は国によって大きく異なります。日本のように仮想通貨を流通しやすいように法整備とするような国もあれば、中国のように規制を強化する国もあります。

今後、各国の法整備が進められるにつれて大暴落や急騰の要因になる可能性があることを知っておく必要があります。

リスク5:システムリスク

システムリスクとはパスワードの紛失や送金ミスなどの誤操作、取引所のサーバーダウンや通信障害などが挙げられます。パスワードの保管は自己管理で何とか対策出来ますし、取引所のサーバーダウンや通信障害についても取引所を分散しておくことでリスクヘッジが出来ます。

しかし、送金ミスなどの誤操作についてはPCやネットが苦手な人にとっては少しリスクが高いと言えます。特に今のネットショッピングのような簡単な操作とは違って少し複雑な部分があるからです。

ま~、この点に関し点も市場が大きくなっていく中である程度改善されてくると思うので、それまでは個人で情報収集をして勉強するか、購入した仮想通貨を触らずに放置しておくことをおすすめします。

まとめ

仮想通貨は儲かるからと言って、儲けることにばかりに気を取られてしまい上記のリスクを理解していないとすべてに資産を失う可能性もあります。

ビットコインのような仮想通貨はブロックチェーンという技術によって、正しく保管していればビットコインを盗むことは不可能だと言われています。

しかし、仮想通貨を保管している取引所や個人のセキュリティーが甘ければ、その隙をつくように悪い人たちがあなたの資産を狙っているので出来る限り自分でリスク対策をしておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください