仮想通貨のチャートの見方解説|初心者でもローソク足で価格を予測|コインラッシュ

スポンサーリンク

仮想通貨で投資を行う上で必要不可欠な知識がチャートの見方です。

正しくチャートを見ることが出来れば、どのように価格が動いていくかが予測できるので、『もう少し値段が下がりそうだから、もう少ししてから購入しよう!』といったことが出来まし、『もう少し価格が上がりそうだから、もう少し価格が上がってから売ろう』というようなこともすることが出来ます。

でも、『そんなことはわかっているし、チャートを見れたらいいけど、何だか難しそうだから・・・』と悩んでいる人も多いと思います。

安心してください!

このページでは仮想通貨初心者のあなたでも仮想通貨投資を行う上で必要最低限のチャートの見方を分かりやすく解説していきます。

そもそもチャートって何?

チャートとは株式相場や為替相場、仮想通貨取引などの価格の動きをグラフで表したもので、チャートを見ることで以下のような情報を得ることが出来ます。

  • 過去の全ての値動き
  • 他の投資家たち集団心理

チャートを見ると過去から現在までの仮想通貨の全ての値動きが、事細かに分かります。過去から現在までの値動き(データ)を基に今後の値動きを予想することも可能です。

又、チャートで反映されている値動きというのは「この価格で買いたい!」、「この価格で売りたい!」という投資家たちの心理を表したグラフでもあるので、自分以外の他の投資家たちの集団心理を読み解くことが出来ます。

なので、あなたもチャートの見方をしっかり理解して、今後の価格推移の重要な参考材料にしてみてください。それではチャートの見方を解説していきます。

チャートの基本!ローソク足を知る!

チャートの見方を知る為に必ず知っておかなければいけないのが『ローソク足』です。ローソク足とは一定期間の値動きを1本のローソク状の記号で表すことからこう呼ばれています。

ローソク足は2種類ある

ロウソク足には『陽線』と『陰線』の二種類があります。『陽線』は“その時間の最初に取引された価格をその時間の最後に取引された時間を上回った”事を、『陰線』は“その時間の最初に取引された価格をその時間の最後に取引された時間を下回った”事を表します。

ローソク足は始値・終値・高値・安値が記されている

上の図に書かれているローソク足は始値・終値・高値・安値の4つの価格情報で出来ています。

  • 始値:その時間軸の最初に取引された価格
  • 終値:その時間軸の最後に取引された価格
  • 高値:その時間軸で取引された中での最高値
  • 安値:その時間軸で取引された中での最安値

これだとあまりピンとこないと思いますので更に詳しく解説していきます。例えば、ある日の1日の仮想通貨の値動きが以下のような動きだった場合は右の陽線のローソク足(日足)で表されます。

このように、ローソク足には始値・終値・高値・安値が一目で分かるように作られています。因みに陽線は仮想通貨市場が上昇している時に連続して現れることが多いです。

逆に、1日の値動きが以下のような値動きだった場合には右のような陰線のローソク足(日足)で表されます。

陰線は陽線の逆で仮想通貨市場が下降している時によく現れるのに注意してください。以上が、チャートの基本であるローソク足の見方です。

チャートの横軸は時間を表す

以下は、上記で解説したローソク足で出来たチャートです。このチャートは時間が左から右に流れて表されます。

という事は、左に行けば行くほど過去の値動きが表されていて、右に行けば行くほど現在に近い値動きが表示されている事になります。

投資で成功する為には過去と現在の値動きからトレンドを把握して未来の値動きを予想することが大切です。

チャートにはいろいろな時間軸がある

次に知っておかなければいけないのが、ローソク足にはいろいろな時間軸の違いがあります。

例えば、ローソク足には1分間の値動きを表す『1分足』、5分間の値動きを表す『5分足』、15分間の値動きを表す『15分足』、1時間の値動きを表す『1時間足』、4時間の値動きを表す『4時間足』、1日の値動きを表す『日足』等があります。

ただ単にチャートだけを見ていると15分足のチャートも1時間足のチャートも同じように見えます。しかし、実際に表している情報は全然違うので注意してください。

例えば、2018年2月18日のビットコインの日足は以下のようなローソク足でした。

2018年2月18日を日足で表すと□で囲まれた陰線1本だけです。そして、この日足を更に4時間足で見ると以下のようになります。

4時間足で見てみると先ほど1本のローソク足で表されていた値動きが、6本のロウソク足で表されます。更に、この日足を1時間足のチャートで見ると以下のように表されます。

日足のローソク足1本で表されていた値動きは、4時間足では6本、1時間足では24本で表されます。つまり、2018年2月18日のデータをチャートで表すにしても、日足・4時間足・1時間足でチャートの形は全く別のものになるのです。

あなたが数時間先の値動を予測するのか、それとも数十時間先の値動きを予想するのか、数日先の値動きを予想するのかで見なければいけないチャートも変わってくるというわけです。

チャートからトレンドを読み取る

ローソク足とチャートの見方がある程度理解出来たら、チャートからトレンドを読み取って今後の値動きを予想することが出来ます。下のチャートを見てください。

このチャートは陰線のローソク足が多く、価格徐々に下がっているのが分かります。勿論、所々は陽線で価格が上がっているところもありますが、全体的にみると下降トレンドであることが分かります。

つまり、この状況下では価格が下落傾向にあるので、購入する場合にはもう少し様子を見て価格が下がってから購入することが好ましいということが分かります。

次は上昇トレンドのチャートです。

先ほどの下降トレンドとは違って、上昇トレンドの場合は陽線のローソク足が多く、徐々に価格が上がっていることが分かります。こちらも、すべてが陽線というわけではなく、所々は陰線のローソク足で価格は下がっているものの、全体的には価格が上げ傾向です。

こういった状況下では、すぐに利益確定をしてしまうのではなく、上昇トレンドが続いているようであれば、もう少し様子を見て価格が上がりきったところで利益確定することが望ましいですね。

まとめ

チャートの見方を極めると、現在に至るまでの価格の推移や投資家たちの集団心理などが手に取るように分かり、今後の値動きを予測することも出来るようになります。

勿論、そうなるまでには相当な勉強が必要なので、ここではあくまでも基本的に知識のみにしておきますが、基本的な知識を知っておくだけでも全然違います。

例えば、今日ビットコインを買うよりも、今は下降トレンド中なのでもう2~3日ぐらいは価格が下がりそうなので、もう少し価格が下がってから購入するぐらいの事は初心者でも簡単に出来るようになります。

要するに、大きな流れで自分が購入している、もしくは購入しようとしている仮想通貨は上昇トレンドなのか?下降トレンドなのか?を把握することで、買った後にされに大きく値段が下がってしまったというようなことを最小限起こらないようにすることも出来るようになるのです。

ただ、誤解のないように説明しておくと、どれだけ優れた投資家でも、チャート分析のスペシャリストでも今後の値動きを100%当てることは不可能なのです。つまり、仮想通貨投資の初心者である私たちが値動きは100%当てることは不可能なので、あくまでも参考材料の一つというような位置づけで捉えておくことをおすすめします。

又、今回のチャートの見方の説明でもやっぱりなかなか理解できなくて難しいと感じた方は、出来る限りリスクを抑えることが出来る仮想通貨投資の初心者におすすめの積立投資をしてみても良いかもしれませんね。

積立投資ならほったらかしで賢く投資をすることが出来ますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください