仮想通貨初心者でもわかるICOとは?ホワイトペーパーって何?|コインラッシュ

スポンサーリンク

仮想通貨について色々学んでいくうちに、『仮想通貨よりもICOの方が儲かる』とか『ICOの方が熱い!』と目にしたり聞いたりする機会が増えてきます。

そんな事を聞くと『ICOってなんだろう?』と知りたくなるのは自然な流れです。

仮に、ICOについてある程度知っていたとしてもICOのホワイトペーパーについてまでしっかりと理解出来ている人は少ないのではないでしょうか?

もし、ICOを購入して投資の利益を出したいのであればICOやホワイトペーパーの基礎知識だけではなく、ICOのメリットやデメリットについても最低限知っておく必要があります。

仮想通貨のICOとは?

ICOとは『Initial Coin Offering』の略で仮想通貨を発行して資金を調達することを目的とした新しい企業の資金調達方法です。

イメージ的には企業が資金を調達する為に株式を発行しているのに近く、IPO(Initial Public Offering)のような未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させて資金を調達するのと似ています。

IPOは新規株式を発行して資金を調達するのに対して、ICOは新規コイン(トークン)を発行することで資金を集めるのです。

代表的なICOでは、日本で初のICOとなったテックビューロ社が発行するZaifトークンや、タレントのGackさんもメンバーに入っているスピンドルなどが有名です。

株式発行とはクラウドファンディングとココが違うICO

先ほど、ICOはIPO(未上場企業の新規株式発行)に近いと言いました。それならICOじゃなくてIPOで資金を調達すればいいのでは?と思う方も多いと思います。しかし、IPOというのは基本的に上場企業しか行うことが出来ない為、IPOを行うハードルはかなり高いと言えます。

一方で、ICOの場合には上場企業だけではなく、ベンチャー企業や開発チーム、個人でも新規トークン(コイン)を発行して、購入者を募ることで資金を調達することが出来るので、ICOを行うのはかなりハードルが低いと言えます。

又、IPOの場合には証券会社や証券取引所の審査を受ける必要があるので準備期間もかなり必要なのに対して、ICOに関してはそういった審査がないので準備期間はかなり短いです。

個人でも行うことが可能で証券会社や証券取引所の審査を受ける必要ない資金調達ならクラウドファンディングでもいいのではと思う人も多いと思います。

しかし、ICOはクラウドファンディングとも違います。クラウドファンディングはお金を投資することでサービスなどを受け取るのに対して、ICOはお金を投資してトークン(コイン)を受け取ります。

サービスは他人に譲渡したり販売したりできないのに対して、トークンは他の投資家に譲渡したり売買したり、そのトークンで商品を購入したり出来るのです。

つまり、クラウドファンディングのように事業計画の賛同者だけではなく、トークン自体が通貨の役割をしているのでトークンの価値が上がる事を期待する投資家や、トークンの売買や使用を目的として購入する投資家など、クラウドファンディングよりも幅広い人からお金を集めることが出来るのです。

ICOの肝!ホワイトペーパーって何?

ICOが何なのかや株式発行やクラウドファンディングなどとはどんな違いがあるのかをザックリ理解してもらえたでしょうか。しかし、ICOが何なのかについてわかったとしても、どんなICOに投資をすればいいのかがわからないと思います。

そこで、重要になってくるのがICOのホワイトペーパーです。

ホワイトペーパーとはICOを行う企業や開発チーム、組織が資金調達のために公開している報告書のようなもので、調達した資金で具体的にどのような開発を行うかや、それが社会にどのように影響を及ぼすのかなどが書かれています。

イメージ的には銀行から融資を受けるために企業が提出する事業計画書に近いです。

ただし、ICOはIPOのように上場企業が行っているわけでもなく、証券会社や証券取引所の審査を受ける必要もないので誰でも行うことが出来ます。中には詐欺まがいなものや、詐欺を目的に行われるICOもあり、資金をたくさん調達できたとしてもホワイトペーパーに書かれている開発を行わないICOも少なくないようです。

初心者にはICO投資はリスクが高すぎる!

ICO投資を行う上でホワイトペーパーをしっかりと理解することは必要最低限のスキルだと言えます。しかし、ホワイトペーパーに記載されている内容というのはかなり専門性が高く、完全に理解するのが難しいどころか、何が書いているのかさっぱりわからないというものも多いです。

ICOのホワイトペーパーには厳格なルールは存在していないので、ホワイトペーパーの内容は作成者の裁量に委ねられています。つまり、ホワイトペーパーで儲かりそうなイメージを抱かせて資金を調達することも簡単に出来るのです。

又、詐欺まがいなものや詐欺を目的として行われるICOも多いことから、ホワイトペーパーの内容確認だけではなく、ICO発行主体のメンバーの名前や、会社や組織の住所を検索して実在するかどうかなども最低限調べる必要があります。

つまり、投資の初心者にはそのICOが詐欺であるかどうかを見極めることは不可能に近いです。そして、仮にもそのICOが詐欺ではなくても十分な資金が集まらなかった場合には取引所に上場されずに、購入したトークンが無価値になる可能性もあります。

まとめ

ICOはIPOやクラウドファンディングなどとは違って誰もが全世界から資金を調達することが出来る新しい資金調達方法であり、ビットコインやアルトコイン以上に投資したお金が増える可能性はあります。

しかし、仮想通貨業界自体がまだまだ未成熟な市場なので法整備がしっかりされておらず、詐欺まがいなICOもたくさんあります。詐欺まがいのICOであれば当たり前ですが、ちゃんとしたICOでも投資したICOが取引所に上場されなかった場合、投資したお金は1円も戻ってきません。

つまり、ICO投資を成功させるには詐欺かどうかを見極めるスキルとそのICO技術をしっかりと理解して価値を見極めるスキルが必要であり、仮想通貨初心者はあまり手お出さないほうがいい投資だと言えます。

勿論、投資に慣れてきて色々な知識を身に着けた後であれば、ICO投資を行うのも1つの選択としては良いですが、投資を始めたばかりなのであれば、ローリスクの投資から始めることをおすすめします。

中でも、仮想通貨の積立投資であればローリスク・ハイリターンが見込めるので仮想通貨の初心者にはかなりおすすめな投資方法だと言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください