ガクトが関係する仮想通貨スピンドルの特徴や将来性を徹底解説|コインラッシュ

スポンサーリンク

今までにどんな事業にも名前を出すことのなかったタレントのGacktさんが『大城ガクト』という本名を初めて表に出して仮想通貨事業に参画したことで話題になっているスピンドル(SPINDLE)。

ネットやツイッターなどでは『ガクトは詐欺に引っかかっているのでは?』とか、『スピンドルは中止になった!』、『スピンドルは購入したら最後、売却できない』、『構成メンバーがヤバい!過去に行政処分を受けた人がいる』などのネガティブな情報がかなり多いです。

ただ、どの情報も正直信ぴょう性に欠ける部分がかなり多いし、情報が薄っぺらい情報しかなかったので実際に自分で調べてみることにしました。スピンドルについて気になる方は是非参考にしてみてください。

スピンドル(SPINDLE)の特徴

スピンドルはブロックチェーン技術及びスマートコントラクト技術に基づいた透明性と公平性を備えた投資・資産管理プラットフォームで利用できる仮想通貨です。

と言ってもなかなか分かりにくいと思うので、Gacktさんの言葉を借りて説明するなら“仮想通貨ユーザーと仮想通貨ヘッジファンドを結ぶ【仮想通貨出会い系サービス】”を立ち上げて、そこでスピンドルという仮想通貨を使用するというものです。

普通、仮想通貨投資を初めて間もない個人投資家がヘッジファンドと結びつきを持つのはかなり難しいです。ですが、Gacktさん達が提供するサービスを利用することでヘッジファンドと個人投資家が簡単に結びつくことができ、個人投資家でもヘッジファンドに投資が出来るようになるというわけです。

このマッチングサービス(プラットフォーム)を“ZETA”といい、そこにアクセスすることが出来るのはスピンドルを所有している人だけです。

仮想通貨ヘッジファンドと結びつくと何がいい?
仮想通貨ヘッジファンドは多数の投資家から集めた資金を運用することで利益を出し、その利益を投資家に分配します。仮想通貨を始めたばかりの人が仮想通貨の資産運用を行うよりも、仮想通貨の専門的な知識を持った仮想通貨ヘッジファンドに資産運用を任せることで投資リスクを抑えることができる点で優れています。仮想通貨の投資信託に近いイメージで考えてもらえればわかりやすいと思います。

スピンドルのネガティブな噂の真相は?

スピンドルはGacktさんが関わっているという事もあり、注目度が高いので上にネガティブな噂も相当多いです。そこで、実際に私が気になったスピンドルのネガティブな噂について調べてみました。

仮想通貨スピンドルが中止って本当?

ウソ!ツイッターなどで話題になった噂なのですが、スピンドルが中止になったというのは誤報だったようです。なぜ、このような噂が出たかというとスピンドルの一部代理店によるプロモーション活動が中止になったことを受け、スピンドルが中止になったと事実が歪曲して伝わったからのようです。

つまり、スピンドルは中止になっておらず今もプロジェクト遂行に向けて動いています。

スピンドルは怪しい?ガクトは騙されているって本当?

ウソ!この噂についてはおそらく、プロジェクトメンバーの中に過去に行政処分を受けたことがある方の名前があったからだと思われます。その方は宇田修一氏という方で、彼はもともと金融事業をおこなっていたのですが、取引による損失からファンド財産を大きく既存したにも関わらず、毎月利益を上げているとする虚偽の内容の運用報告を顧客に対して行ったり、多岐にわたって投資者保護上の重大な問題のある行為を行った宇田氏の法令遵守意識及び投資家保護意識が皆無であることから金融業の登録を取り消されています。

因みに、宇田氏の過去の行政処分などの経歴についてはGacktさんはプロジェクトに関わる前に確認済で、それを知った上でもプロジェクトに関わろうと思ったとの事のようです。そのことからも分かるようにガクトさんが騙されて広告塔として利用されているという事はなさそうです。

スピンドルは売れない・譲渡できないって本当?

半分ホント!半分ウソ!これは冷静に考えれば分かることで、そもそも取引所に上場する前のコインというのは取引・譲渡・売買が禁止されているのが普通なので、取引所にまだ上場されていないスピンドルを譲渡したり売ったりすることは出来ません。

ただ、スピンドルも取引所に上場されると他の仮想通貨と同じく売買や譲渡することが可能になります。つまり、これはスピンドルに限った話ではないというわけです。そんな、譲渡や売買もできない無意味な仮想通貨は普通に考えたら作りませんよね。

スピンドルの将来性

多くの仮想通貨はそもそも存在すら知られていないモノがほとんどなのに対して、スピンドルはいい意味でも悪い意味でもかなり注目を集めている仮想通貨の1つです。

つまり、知名度という点では他の上場前の仮想通貨に比べて圧倒的に高いので上場後の値上がりは期待できる。

また、ビジネスモデルに関しては既存のビジネスモデルを応用しているので目新しさはないものの、実現性が高いビジネスもドルで絵に描いた餅のようなただ大きな夢ばかりを語る仮想通貨のようにはならないのではないでしょうか。

ただし、既存のビジネスモデルを利用しているという事は競合他社も参入しやすいという事にも繋がるので、スピンドルのビジネスモデルが上手くいった場合に大企業が大量資金を投入して同じような仮想通貨を開発する可能性もあるという点では少し心配です。

なので、短期中期的にはスピンドルは知名度も高く、プロジェクトの実現可能性も高いので有望な仮想通貨だと思うのですが、長期的に見た場合には現時点ではこれから出てくる仮想通貨との圧倒的な差別化が出来ていない分少し厳しいかもしれないと個人的には思っています。

因みに、私も数は少ないですが少しだけスピンドルに投資しているので、応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください