ソフトバンク光のスマホだけ解約できる?格安SIMに乗り換えたい!

スポンサーリンク

私は自宅のマンションのWi-Fiとしてソフトバンク光と契約しているので【ソフトバンク(スマホ)+ソフトバンク光(Wi-Fi)のセット割】に加入しています。

だから、格安スマホ(格安SIM)に乗り換えたいのは山々なのですがソフトバンクを解約するとソフトバンク光まで解約しなければいけないのではないか?

そうなると、モデム(Wi-Fiの機械)を返却したり、また別のインターネット回線と契約して工事してもらったりすると工事費などが必要で結局は今のまま使用している方が安いのでは?と思っていました。

だから、私が考えた一番いい方法は『ソフトバンク(スマホ)とソフトバンク光(Wi-Fi)の契約の内のソフトバンク(スマホ)で解約できないか?』と考えたのです。

その他にも、私の場合は更にスマホの本体代をローンで支払っており、まだ本体代金の支払いが残っていたり、どの格安スマホ会社を利用すれば良いかもわからないし、もし格安スマホに乗り換えて電波が悪くなったらどうしようなど、正直いって格安SIMに乗り換えたいけど色々と不安に思っていることがたくさんありました。

しかし、格安スマホについて色々調べてみるとソフトバンク(スマホ)だけを解約して格安スマホとソフトバンク光(Wi-Fi)で契約出来ることがわかりました。しかも、それ以外の問題も意外にあっさり問題が解決したのです。

この記事を読んでいるあなたも私と同じように格安スマホに乗り換えたいけどソフトバンク(スマホ)+ソフトバンク光(Wi-Fi)のセット割で契約しているから乗り換えるのは難しいかもと思っているのではないでしょうか?

そこでこの記事ではソフトバンク(スマホ)+ソフトバンク光(Wi-Fi)のセット割からソフトバンク(スマホ)だけを解約して格安SIMに乗り換える前に私が不安に思っていたことの解決策や乗り換える上での注意点を紹介していきます。

私が格安スマホに乗り換え前に抱えていた不安

冒頭でも記載したように私は格安スマホに乗り換える前に結構色々な不安を抱えていました。おそらく、同じような不安を抱えている人が多いと思うので以下にまとめてみました。

乗り換え前に抱えていた不安

  • ソフトバンク光のスマホだけ解約できるのか?
  • 電波は悪くならないのか?
  • 格安スマホに乗り換えると本当に料金は安くなるのか?
  • スマホ本体のローンが残っているけど大丈夫?
  • ソフトバンクの解約手数料はいくらかかるの?
  • 電話番号やメールアドレスは変わらないの?

以上が私がソフトバンク(スマホ)+ソフトバンク光(Wi-Fi)からソフトバンク(スマホ)だけを解約して格安スマホに乗り換える前に抱いていた不安です。

これらの不安に対しての回答を以下で1ずつ解説していきますが、まずは先に私の格安SIMへの乗り換え前の契約内容と1カ月のスマホ・ソフトバンク光の料金例を紹介します。

まずは私の乗り換え前の契約内容と1カ月のスマホ・ソフトバンク光の料金例

基本契約内容

項目 内容
料金プラン スマ放題(2年契約・自動更新あり)
契約タイプ 3年5カ月目
更新期間 2019年4月01日~2019年05月31日
データ定額サービス ギガモンスターデータ定額20GB
割引プログラム 長期特典・おうち割
オプションサービス アメリカ放題
スマートログイン
世界対応ケータイ
ソフトバンクWi-Fiスポット(i)
テザリングオプション
発信者番号通知

1カ月の料金例(ソフトバンクスマホ)

項目 料金 内訳
スマホ本体代(ローン) 4,750円  
基本使用料 2,700円 基本定額4,200円-スマ放題2年契約1500円=2,700円
通話料 0円  
通信料 5,066円 データ定額20GB6,000円-おうち割光セット934円=5,066円
オプション料 800円 ウェブ使用料300円+ソフトバンクWi-Fiスポット467円-ソフトバンクWi-Fiスポット467円無料特典+デザリングオプション
ユニバーサルサービス料 2円  
割引 -3,921円 月々割2621円+長期継続特典200円+下取りプログラム1,100円
合計 9,397円  

1カ月の料金(ソフトバンク光)

項目 料金
基本使用料 4,104円
オプションサービス料 540円
工事費 1,080円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 5,726円

つまり、私は一ヵ月に15,123円(スマホ代9,397円+自宅インターネット代5726円)を払っていることになります。冷静に計算してみるとかなり高いお金を月々払っている事になりますね。

それではこの契約内容と月々の支払金額を元に私が格安スマホに乗り換え前に抱えていた不安を一つずつ解決していきます。

不安その1:ソフトバンク光のスマホだけ解約できるのか?

『ソフトバンク光のスマホだけ解約できるのか?』についてですが、スマホだけ解約することは可能です。

というのも、そもそも料金が別々に請求されることからも分かるようにソフトバンク(スマホ)とソフトバンク光(Wi-Fi)は別物なので片方だけを解約することが可能です。

ただし、そうなると次に湧いてくる疑問が『現在はソフトバンク(スマホ)+ソフトバンク光(Wi-Fi)のセット割を利用しているから“おうち割”が適用されて安いけど、スマホだけを解約したら割引がなくなるから実質的には高くなったりしないの?』ということだと思います。

実際に上記の私の料金例を見てもらっても分かるのですが私はソフトバンクとソフトバンク光をセットで契約しているのでおうち割が適用されています。ただし、注意しなければいけないのはソフトバンク光の料金が割引されるのではなくスマホの料金が1000円程度割引が適応されているのです。

つまり、ソフトバンクから格安スマホに乗り換えた場合にスマホ料金が1,000円以上安くなれば格安スマホに変えた方が安いという事になります。

しかも、現在契約しているソフトバンク光回線を利用してスマホ料金が割引される格安スマホ会社もあるので、そういった会社に乗り換えると今のネット環境を維持できる上に月々の料金は安くなると言うわけなのです。

中でも特におすすめなのがワイモバイルです。ワイモバイルだと今契約している光回線を利用してスマホ料金が割引してもらえるおうち割が受けられるので通常の格安スマホ料金から値引きしてもらえるというわけです。

実際に私はソフトバンクからワイモバイルに乗り換えました。

不安その2:電波は悪くないの?

ソフトバンク光のスマホだけ解約出来ることは分かったし、ワイモバイルなら更に格安スマホに乗り換えてもソフトバンク光のおうち割を継続して受けることが出来るのもわかったのでワイモバイルへの乗り換えであればかなりスムーズにできることが理解してもらえたと思います。

でも、次の不安としてスマホの月々の料金が安くなったからと言って電波が悪くてなかなか通信が繋がらなければ乗り換える意味はないですよね?

それで実際に調べてみたのですが、ワイモバイルであれば電波が悪くなることはありません。なぜかというと、ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用して運営しているからです。

つまり、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたところで同じソフトバンク回線を利用しているのだから今までと同じように使用できるというわけなのです。

不安その3:格安スマホに乗り換えると本当に料金は安くなるのか?

一番気になるのはなんと言っても“実際にどれぐらい月々の料金がどれぐらい安くなるか?”と言うことだと思います。

まずは、ソフトバンクの料金プランとワイモバイルの料金プランを比較してみました。

3つのスマホプランから選ぶ

ワイモバイルには【スマホプランS・スマホプランM・スマホプランL】3つのスマホプランが用意されていて、自分のスマホの使用状況に応じたプランを選ぶことが出来ます。

3つの料金プランの違いは以下のようになっています。

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料(※最初の1年はワンキュッパ割) 2,980円 (最初の1年は1,980円) 3,980円 (最初の1年は2,980円) 5,980円 (最初の1年は4,980円円)
月々データ容量 1GB(最初の2年は2GB) 3GB(最初の2年は6GB) 7GB(最初の2年は14GB)
通話料金 無料通話(10分以内の国内通話が何回かけても無料)

私の場合は基本的にはユーチューブなどの動画は家にいる時に見るので、外で動画などのネット通信をすることはそこまで多くありません。

だから、私はワイモバイルで見積もりをしてもらう時にスマホプランSで見積もりをしてもらいました。因みにソフトバンクの契約プランはこんな感じです。

プラン名 スマ放題/月々10,000円 スマ放題ライト/月々9,000円
基本使用料 3,000円 2,000円
データ定額料 7,000円 7,000円
月々のデータ容量 50GB 50GB
通話料金 24時間話し放題 5分以内の国内通話が何回かけても無料

このように比較すると月々の値段が圧倒的に違うのがわかると思います。

ワイモバイルのメリットとしては外出先ではネットサーフィンやSNSに使用するぐらいで、ユーチューブなどの動画の視聴は家でする人にとってはかなり月々の使用料が安くなります。

逆に、外出でも常にユーチューブやオンラインゲームなどで通信を行っている人はソフトバンクのネット通信が大容量のプランをそのまま使用するのが良いと思います。

因みに格安スマホが販売されるようになってからあまりにも価格差が大きくなり格安スマホに乗り換える人が増えたため、ソフトバンクのおてがるプランという格安スマホに対応する為の新料金プランを設定したのです。

しかし、これはあくまでも機種変更をする人が対象のプランであってスマ放題やスマホ放題ライトからプランだけ変更するというのは出来ません。

実際にワイモバイルショップで見積もりをしてもらいました

ここまでは自分である程度調べることができたのですがスマホの料金というのはかなり複雑な料金体系になっているのでなかなか自分で料金を計算するのは難しいですよね?

そこで、実際に自宅近くのYモバイルに言って月々の利用料金の見積もりをしてもらいました。そして、実際にワイモバイルに乗り換えた場合の1カ月の料金は以下のようになるみたいです。

項目 内訳 初月 2カ月目以降
基本使用料 スマホプランS 107円 3,218円
オプション データ容量2倍(2年間無料キャンペーン) 0円  
割引キャンペーン ワンキュッパ割(対象期間:2~13ヵ月) 初月は適用なし -1,080円
  おうち割セット 初月は適用なし -540円
ユニバーサル料 ユニバーサル料 2円 2円
手数料 契約事務手数料 3,240円 0円
合計   3,349円 1,600円

すると・・・なんと月々の支払いが1,600円になることに!!!

今まで月々携帯代だけで9,000円ぐらい支払っていた私からすると、あまりの安さに思わず二度見してしまいました。

ま~、この1,600円というのはあくまでも1年目のワンキュッパ割が適用されるからですけど、1年に換算したら8万8,800円も安くなる計算です。

ただ、2年目からは2,600円になるのですがそれでも月々の使用料は6400円も違います。これを1年に換算して計算すると・・・なんと7万6,800円も違ってくるんです。格安スマホに変えるだけで年間76,800円も安くなるなら買えない理由はないですね。

ただ、これだけお得だということが分かりながらももう一点大きな不安があります。それが本体代金のローンの問題です。それは、スマホの本体代金をローンで払ってるのですが、まだ完全に払い終わっていません。

不安その4:スマホ本体のローンが残っているけど大丈夫?

昔は携帯って0円の時代もあったと思うのですが、今はスマホを購入するとなれば6~10万円ぐらい必要ですよね。

恐らく、多くの人がスマホの機種変更をするときに分割支払(ローン)で払っているのではないでしょうか?実は私もローンで払っています。そして、このローンが残っている場合にはローンを払いきってからしか機種変更が出来ないのではないか?』と思ったわけです。

しかし、こちらも調べてみるとソフトバンクを解約したとしても残りのローンを一括で支払う必要はなく、解約時に機種の分割支払いが残っている場合には、支払い完了まで引き続き分割で支払うことが出来るようになっています。

私の場合は24回払いで選択したのでスマホ本体代の残りの金額が払い終わるまでは月々4,750円を継続して払っていく必要があるようです。

つまり、スマホ本体代のローンが残っている場合にはワイモバイルに乗り換えた場合に、継続して払い続ける本体代金もプラスする必要があるというわけです。

  ソフトバンク ワイモバイル
スマホ本体代金分割支払い中 9,397円(内4,750円はスマホ代) 6,350円(内4,750円はスマホ代)
スマホ本体代金分割支払い完了後 7,268円 1,600円

実際に私がワイモバイルに乗り換えた場合はワイモバイルの月々の使用料1,600円とスマホ本体代ローン残りの4750円を合わせた6,350円を払っていく必要があります。それでも断然、ワイモバイルに乗り換えた方が安いですね。

しかも、ソフトバンクを契約したままスマホ本体代のローンを全部払い終わった場合には“月月割”という月2,830円の割引がなくなるので、スマホ代金をすべて払い終わったからと2,000円ぐらいしか安くなりません。

ここまでくればもうワイモバイルに変える以外の選択肢はないのですが、更にもう一つだけ気になる点があります。それがソフトバンクの解約手数料です。

不安その5:ソフトバンクのiPhoneの解約手数料はいくら?

SIMフリーに切り替えることで月々の料金は安くなるのですが、ワイモバイルに乗り換えるにあたり一点だけ必要な費用があります。それが、ソフトバンクの解約料です。

ハッキリ言って、2年に1度しか無料で解約できる時がないというのは本当に詐欺みたいな話ですが、なぜかこのシステムがまかり通ってしまっている世の中。しかも、携帯を解約するだけなの3,000円~10,000円の解約手数料を取られてしまいます。

因みに私の場合は現在契約しているのがスマ放題の2年契約自動更新プランなので解約するのに9,500円取られてしまいます。

出来れば契約更新時期の無料で解約できるときに乗り換えるのがベストではありますが、私の場合はまだ結構先なので、これは仕方がないと諦めて支払うしかありません。

だって仮に解約手数料を支払ったところで2カ月で元が取れて、3ヵ月目以降は完全にお得なんですから。まあ、それでも数カ月でこの解約手数料分は浮くのでSIMフリーに変えるほうが断然お得なのです。

おまけ:SIMフリーにすると電話番号やメールアドレスは変わるの?

あと、そこまで重要ではないですが少し気になるのが格安スマホにすると電話番号とメールアドレスが変わるかという問題ですよね?

スマホのメールは最近利用していない人が多いかもしれませんが、電話番号が変わるといろんな人に連絡したりしなければいけないのでかなり面倒臭いですよね。

ですがこちらも心配はありません。仮にソフトバンクから他のSIMフリーの会社に乗り換えても電話番号はそのまま使用することができるナンバーポータビリティー(NBP)は有効です。但し、電話番号を引き継ぐためには事前に手続きが必要です。

一方でメールアドレスに関してはソフトバンクの場合は『XXXXXXX@i.softbank.jp』というようにソフトバンクというローマ字が入っているので買える必要あるのでメールアドレスは変わってしまいます。

あっ、それとナンバーポータビリティーで番号を引き継ぐのにも5,000円必要みたいですが、1年で8万8,800円も安くなるのであればこれはしょうがない支出ですかね。

それにしても携帯会社は解約時に色々な解禁を発生させて他社に乗り換えさせないようにするのは本当にズルいですね!!

まとめ:ソフトバンク光のスマホだけ解約してワイモバイルに乗り換えるしかない!

ここまで読んでくれたあならならもうお分かりだと思うのですが、ワイモバイルに乗り換える以上の良い選択肢はありません。

一時的にソフトバンクの解約金と1万円とナンバーポータビリティー転出手数料で5,000円必要になりますが、1年目は年間8万8,800円2年目以降でも年間7万6,800円も携帯代が安くなるのであれば仕方ないと思えますね。

ということで、かなり長くなってしまいましたがソフトバンク(スマホ)とソフトバンク光(Wi-Fi)の契約を契約している人は間違いなくヤフーモバイルに乗り換えたほうがお得なのでおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください