ソフトバンクからワイモバイルにオンラインで乗り換えるやり方

スポンサーリンク

私はソフトバンクなのですがどう考えてもワイモバイルに乗り換えたほうが安いということが分かったのでワイモバイルに乗り換えること決めました。

そして、調べてみるとわざわざ店頭に行かなくてもオンラインでソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることが出来るみたいです。

という事で、せっかくなのでソフトバンクからワイモバイルにオンラインで乗り換えるにはどうしたらいいのか?

『オンラインで乗り換えるには何が必要?』

『電話番号を変えない為にはどうすればいいのか?』

『いつソフトバンクを解約すればいいのか?』

『どれぐらいで乗り換えが完了するのか?』

『シムカードを入れるだけでOKなのか?』

などについて実際に私が試してみた体験談をもとに詳細に解説していきたいと思います。わざわざ店頭に行って乗り換えるのが面倒な方や家の近くにワイモバイルの店舗がない方は是非参考にしてみてください。

ソフトバンクからワイモバイルにオンラインで乗り換える流れ

ソフトバンク(他キャリアも同じ)からワイモバイルにオンラインで乗り換える時には以下のような流れになります。

STEP1:ワイモバイルの契約プランを決める

まずはワイモバイルのオンライン申し込みをする前に契約するプランを決めます。ワイモバイルには3つのプランがあるので自分の利用状況にあったプランを選びましょう!

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料(※最初の1年はワンキュッパ割) 2,980円 (最初の1年は1,980円) 3,980円 (最初の1年は2,980円) 5,980円 (最初の1年は4,980円円)
月々データ容量 1GB(最初の2年は2GB) 3GB(最初の2年は6GB) 7GB(最初の2年は14GB)
通話料金 無料通話(10分以内の国内通話が何回かけても無料)
STEP2:本人確認書類・クレジットカードを準備する

ワイモバイルをオンラインで契約する場合には本人確認書類(免許証)と毎月の携帯電話の基本料金を支払う為のクレジットカードが必要です。

これら2つと手元に置きながらオンライン申し込みを行う事でよりスムーズに申し込むことが可能です。

STEP3:スマホのSIMロック解除

スマホにはSIMカードという小さなカードが入っていて、スマホがこのシムカードを認識することで各通信事業者の回線を利用してネットや電話が出来るようになっています。

そして、ソフトバンクでスマホを購入した場合にはそのスマホがソフトバンクの回線しか使えないようにロックが掛けられています。これをSIMロックと言います。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合にはこのSIMロックを解除してソフトバンクのSIMカードからワイモバイルのSIMカードに入れ替えても使えるようにSIMロックを解除する必要があります。

STEP4:MNP(ナンバーポータビリティー)予約番号の取得

今使っている携帯電話の番号をそのままワイモバイルに乗り換えて意向も使えるようにするためにMNP(ナンバーポータビリティー)予約番号というものが必要になります。

そして、この番号を取得してワイモバイルに登録するだけでワイモバイルの契約が完了して携帯電話が使用できるようになった時点で勝手にソフトバンクの契約が解約されるので、わざわざソフトバンクの店頭や電話で解約の申し込みに行く必要はありません。

STEP5:ワイモバイルでオンライン申し込みを行う

以上の4STEPが済むと後はワイモバイルオンラインから申し込みを行へば自宅にスマホ+SIMカードもしくはSIMカードのみが届きます。

STEP6:商品(スマホ・SIMカード)が届いたらどうすればいいの?

STEP2:本人確認書類・クレジットカードの準備

ワイモバイルの申し込みには本人確認書類と支払いに使用するクレジットカードが必要です。以下に利用できる本人確認書類とクレジットカードの種類をまとめました。

本人確認書類 クレジットカード
運転免許証、日本国パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、健康保険証+補助書類(住民票記載事項証明書の原本、または、公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)) VISA,MASTERCARD、JCB、AMEX、Diners Club、UC、MUFJカード、DC、UFJカード、NICOS、三井住友カード、イオンクレジットサービス、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフカード、TSキュービック、楽天カード、ジャックス、ポケットカード

本人確認書類に関してワイモバイル申し込み時に画像データをアップロードすることになるので、スマホのカメラ機能で本人確認書類の写真を撮影して保存しておくとよりスムーズに申し込みが行えます。

STEP3:スマホのSIMロックを解除する(本体は購入せずにSIMカードだけを購入する場合)

以下にSIMロックの解除方法のやり方を解説していきます。因みにこのSIMロックの解除というのはソフトバンクの店頭に行くとやってもらえるのですが手数料として3,000円掛かります。

SIMロックの解除方法

製造番号(IMEI)を確認する

まずはスマホの『設定>一般>情報』の順番にタップして画面の下の方に“IMEI”という項目があるのでその部分を長押ししてください。すると、製造番号(IMEI)をコピー出来るようにタブが出てくるのでコピーしてください。

マイソフトバンクにアクセスしてログイン

次にマイソフトバンクにアクセスして携帯電話番号とパスワードを入力してログインします。

マイソフトバンクトップ画面のメニューを選択

次にマイソフトバンクにログインするとトップページが開かれるので右上の『メニュー』をタップします。

契約・オプション管理を選択する

メニューを開くといろいろな項目が表示されるので、その中から『契約・オプション管理』を選択します。

『関連メニュー』までスクロールして移動

『契約・オプション管理』のページが開かれたら画面を下にスクロールさせて、ページの一番した手前ぐらいにある『関連メニュー』という項目まで移動します。

SIMロック解除手続きを選択する

『関連メニュー』の項目の中にある『SIMロック解除手続き』をタップして選択します。

製造番号(IMEI)を入力する

そして先ほどコピーした製造番号(IMEI)を張り付けるて入力します。

SIMロック解除手続きを実行する

上記のような手続き確認画面が表示されるので『解除手続きをする』をタップして解除手続きを実行します。

手続き受付完了画面が表示される

上記のような手続き受付完了画面が表示されるとロック解除はOKです。

STEP4:ソフトバンクからMNP(ナンバーポータビリティー)予約番号を取得する

MNP(ナンバーポータビリティー)予約番号の取得とは今ソフトバンクで使っている携帯電話番号をワイモバイルに乗り換えた後にも変わらず利用できるようにする為の手続きです。

ワイモバイルにかえてからわざわざ登録しているすべての人に電話番号が変わったことを連絡しなくても済むのでかなり楽ですね。

MNP予約番号を取得するには電話かソフトバンクショップ(店頭)で取得することが出来ますがここでは電話でのMNP予約番号取得方法を解説していきます。

受付窓口 受付時間 連絡先
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口 午前9時から午後8時 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)

上記の連絡先に電話すると自動音声案内が流れます。音声ガイダンスの指示に従って進めていくとショートメールで予約番号が送られてきます。

因みに、この音声ガイダンスでソフトバンクの契約時に設定した4桁の暗証番号の入力が求められるので4桁の暗証番号を忘れた方はソフトバンクの総合案内の『157』に電話を掛けて確認するか、間違ったパスワードを入力してもコールセンターに繋がってそのまま本人確認を行えば予約番号を発行してもらう事は可能です。

注意

  • ソフトバンクの解約期間外であれば税込み10,260円の解約手数料がかかる
  • MNP転出手数料として税込み3,240円がかかる
  • スマホ本体代金の支払い残高がある場合には継続して月々で請求される。(私の場合は月々4,750円があと半年継続して請求されます。)
  • MNP予約番号の有効期限は15日間なのですが、ワイモバイルの申し込み条件として有効期限が10以上残っている必要があるみたいです。(因みに、有効期限が切れたからと言って勝手にソフトバンクの契約が解約されるわけでもないですし、再取得も可能です。)

 

STEP:5ワイモバイルにオンラインで申し込むやり方

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える前に事前に準備が完了した、ここからはいよいよワイモバイルにオンランで申し込みます。

ワイモバイルオンラインにアクセスする

まずは、ワイモバイルオンラインストアにアクセスします。

【Y!mobile(ワイモバイル)】公式オンラインストア

商品を選択する

私の場合は今使用しているiPhone7plusをそのまま使用するつもりなので矢印のところの『SIMカード』を選択しました。もし、スマホの一緒に購入する場合には購入したい商品を選びます。

商品を購入画面に移動

商品を選択すると商品購入画面に移動します。その際に自分申し込みたいプランを選択していきます。

契約内容を選択する

契約する選択内容は以下のような内容です。

選択内容

  • SIMカードのサイズ(iPhone 5以降はnanoサイズ、iPhone 4はmicroサイズ)
  •  契約方法(新規契約・のりかえ・機種変更)
  • 現在使っている端末(ドコモ/au/MVNO・ソフトバンク)
  • 料金プラン(スマホプランS・スマホプランM・スマホプランL)
  • 支払い方法
  • オプションプラン等
  • 割引サービス(家族割引サービス・下取りプラン)

月々の基本使用料を確認

プランを選択していくと月々の基本使用料が自動的に計算されます。私の場合はスマホプランSを選択したので月々の基本使用料が2,138円になります。

因みに、私は自宅にソフトバンク光の回線を繋いでいるので更に『おうち割』という割引サービスを受けることが出来るのですが、そのおうち割を適用してもらうと更に月々540円安くなるので実質の1カ月の携帯代は1,600円ぐらいになります。

今までソフトバンクを使用していた時には1カ月9,000円前後だったので月々7,400円安くなる計算です。これはかなりお得ですね~。

購入手続きに移る

月々の使用料を確認して契約プランに問題がなければ購入手続きに移動します。

事前に準備していたものを用意する

購入手続きに移る前に事前に準備していた本人確認書類・クレジットカード・MNP予約番号を用意します。用意が出来たら『お手続きへ進む』のボタンをタップ。

ヤフーIDを利用するかの確認

手続きに進むと一番初めにヤフーIDを利用するかの確認があります。ヤフーIDにログインして手続きに進むことでこの後の入力がかなり楽になります。勿論、ログインせずに申し込みを進めていくことも可能です。

申し込み【本人確認書類のアップロード編】

それでは実際にワイモバイル申し込みをするにあたって、まず初めに本人確認書類の提出を行います。赤枠の部分をタップして自分が提出する本人確認書類の種類を選択します。

私の場合は運転免許証を本人確認書類として選択しました。次に赤枠の部分の『ファイルを選択』の部分をタップします。

するとこのような画面が出てくるので赤枠で囲んでいる『フォトライブラリ』をタップするとスマホに保存している写真のデータボックスに移動します。そして、本人確認書類用に撮影した写真を選択します。

氏名・生年月日・住所を画像のデータから勝手に読み込んでくれます。

その読み取りデータの情報に特に間違いがなければ『読み取り情報を反映してアップ』を選択します。

因みに、住所が変わっている人や苗字が変更して免許証の裏面に変更の記載がある場合には同じ要領で裏面の画像もアップします。本人確認書類のアップが完了すれば後は申し込み情報の入力のみです。

申し込み【契約内容入力編】

ここからは契約するにあたっての契約者に関する個人情報を入力していきます。入力内容する項目に関しては以下にまとめました。

入力内容

  • MNP予約番号
  • 転入予定携帯番号
  • MNP予約番号の有効期限
  • 契約者氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先電話番号
  • メールアドレス
  • 職業
  • 勤務先情報
  • 利用者
  • 設定したいパスワード番号
  • 支払い情報(クレジットカード情報)

 

以上の入力が終わると入力内容確認画面に移るボタンがあるのでそちらをタップします。

申し込み内容に間違いがなければ重要事項の説明に移ります。

重要事項の確認ページに移るとそれぞれ契約に関する重要事項の記載があるので内容を確認したうえで『上記の内容に同意する』の部分にチェックを入れます。

重要事項をチェックしていくと最終的に『お申込みボタン』が出てくるのでボタンをタップします。しかし、これで申し込み完了ではありませんので注意してください!

先ほどの『申し込みボタン』をタップすると最終確認が表示されるので契約内容を確認したうえで『同意して申し込みを完了する』のボタンをタップします。

申し込み完了画面が表示されると申し込み完了となります。

それから大体1~5分後ぐらいにメールボックスに“【Y!mobileオンラインストア】お申込み完了のお知らせ”という確認メールが届きます。これで申し込みは完了です。

補足
ただし、これはあくまでも申し込みが完了しただけであってここから以下のような手順が残っています。

◆商品到着までの今後の流れ ◆

│STEP1 「ご注文内容確認メール」を送信いたします。(上記画像のメール)

│↓

│STEP2 ワイモバイルにて加入審査を行います。

│↓

│STEP3 端末が到着します。
│ (※当日~3日程度かかります。)

│↓

│STEP4 ※MNPのお客様は端末の着荷を確認した翌日に切替えを行います。

このようにワイモバイルで加入審査に通過して初めてワイモバイルに乗り換えることが出来ます。逆を言えば、審査に通らなければ乗り換えは出来ません。

仮にワイモバイルの加入審査に通らなかったとしてもMNP予約番号の有効期限が切れてしまうだけで、勝手にソフトバンクの携帯が解約されることはなくなり今まで通り使用できるようになるだけなので何もする必要はありません。

STEP6:商品(スマホ・SIMカード)が届いたらどうすればいいの?

 

商品を注文してから3日後に商品が到着しました!そして、商品が届いてから絶対にしてはいけないことがあります。それは、商品を開封してしまう事です。

なぜ、開封してはいけないかというと商品が届いた段階ではまだワイモバイルの契約に関する審査が終わっていないからです。というのも、ワイモバイルの商品が自宅に届いたことを確認してから審査の最終段階に入るのです。

つまり、それで契約の審査に通らなかった場合には届いた商品を返品しなければいけないのですが、商品を開封してしまった場合には商品代金を全額払わなければいけない可能性があります。因みに、私はそんなことも知らずに届いてすぐに箱を開封してしまってかなり焦りました!(汗)

そして、商品が届いたら以下の手順に従って段取りするとスムーズに切り替えが可能です。

ワイモバイルに切り替えの電話をする

商品が届いたら開封前にソフトバンクからワイモバイルの回線の切り替えをしてもらう為に電話で連絡します。特に連絡をしなければ2日後には自動的に切り替わるようになっているのですが、2日後の何時に切り替わるということまではわからないので直接電話で切り替えしてもらう方が良いと思います。

ワイモバイルオンライン事務局
電話番号 0120-200-128
オペレーター対応時間 10:00~19:00/年中無休(1月1日を除く)

上記のワイモバイルオンライン事務局に電話をして『回線の手動切り替えを行いたい』という旨を伝えると対応してくれます。

その際に、本人確認として契約時に発行されたWEB受付番号を尋ねられるので、契約の時に届いたメールに記載されている“CW”から始まるWEB受付番号を確認しておくことをおすすめします。

手動での切り替え連絡後1時間で切り替え完了

電話で手動の切り替えを依頼するとその1~2時間後ぐらいのソフトバンクの電波が入らなくなるので、その時点でワイモバイルへの切り替えが完了となります。

スマホの電源を切ってワイモバイルのSIMカードに入れ替える

スマホの電波が繋がらなくなったらスマホの電源を切ってワイモバイルのSIMカードを入れ替えます。その後、電源を入れて再起動します。すると、ワイモバイルの回線はソフトバンク回線を使用しているのでソフトバンクと表示されるのですが、これでワイモバイルへの切り替えは完了です。

SIMの入れ替えが終われば後はスマホの初期設定を行う

ワイモバイルから届いた箱の中に同封されているチラシのQRコード若しくはhttps://www.ymobile.jp/yservice/howto/にアクセスすると、スマートフォンの初期設定を行うことが出来ます。

これでソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください