3ヵ月間フィリピンのセブ島に留学したら費用はどれぐらい掛かる?

スポンサーリンク

語学留学をするうえでの選択肢でハワイともう一つ気になっていたのがフィリピンのセブ島です。

実はこのフィリピンのセブ島は日本人が英語の語学留学先としてかなり人気が高い場所なのですが、ハワイ留学費用の見積もりをお願いした時にフィリピンのセブ島に3ヵ月留学した場合に費用や他の留学先との違いなどについて併せて聞いてきました。

因みに、私はその後にフィリピンのセブ島ではなく、フィリピンのマニラに1カ月間留学してきましたので、実際にフィリピンに留学して分かった事に関しても追記で紹介します。

フィリピンのセブ島へ留学しようと考えている方は是非参考にしてみてください。

フィリピンのセブ島に3ヵ月間短期留学したら費用はいくら掛かるの?

フィリピンのセブ島が日本人の語学留学先として人気が高い一番の理由は、留学費用が安くてしっかりと英語を学べる環境があるからです。

例えば、ニューヨークやハワイにビザを取得せずにエスタで留学した場合には1日3時間程度のグループレッスンを週に5日行うのに対して、セブ島に留学した場合には1日に8~10時間のマンツーマンレッスンをけることが出来るのに費用はニューヨークやハワイの半分というのが最大の特徴です。

もちろん、入学するスクールによって授業時間や授業内容は様々なのですが、安くてみっちり英語の勉強が出来るというのがフィリピンのセブ留学というわけです。では実際にどれぐらいの費用が掛かるのか見積もりをしてもらったので紹介します。

QQイングリッシュシーフロント校

 

学校名 QQシーフロント校/セブ  
期間 12週間  
コース スタンダードプラン 539,400円
滞在 内部寮(1人部屋) 0円
入学金 入学金 15,000円
送迎 空港送迎付き(空港→学校) 0円
食事 食事代(1週間5,000円) 60,000円
その他 海外送金手数料 3,000円
その他 留学サポート手数料 0円
その他 キャンペーン割引 -10,000円
航空券 セブ往復 50,000円
保険 留学保険 63,000円
現地納入費   65,000円
合計   785,000円

QQイングリッシュのスタンダードプランはマンツーマンレッスンが6時間+グループレッスンが4時間の1日計10時間のコースとなっています。また、滞在料金が0円というように表記されているのはスタンダードプランに滞在料金も含まれているのでそのような表記になっています。

私はルームシェアで宿泊するのは抵抗があったので1人部屋が良いという事で今回の見積もりを作成してもらったのですが、ルームシェアでも良いという方はもう少し安くなると思います。

QQイングリッシュの特徴
QQイングリッシュはセブ島内にある語学学校の中でもかなり人気の高い学校で、校舎の前には綺麗な海が広がっるのでリゾート気分を味わえる立地になっています。

また、寮は教室と同じ建物内にあるので女性でも安心して生活を送ることが出来るのも人気の理由の一つです。ドライヤーや美顔スチーマーなのどの女性の嬉しサービスも充実しているみたいです。

セブインターナショナルアカデミー

学校名 Cebu International Academy  
期間 12週間  
コース レギュラESLーコース 594,000円
滞在 内部寮(1人部屋) 0円
入学金 入学金 11,000円
送迎 空港送迎付き(空港→学校) 0円
食事 食事代(1週間5,000円) 0円
その他 海外送金手数料 3,000円
その他 留学サポート手数料 0円
その他 キャンペーン割引 -10,000円
航空券 セブ往復 50,000円
保険 留学保険 63,000円
現地納入費   65,000円
合計   776,000円

セブインターナショナルアカデミーコースのレギュラーESLコースはマンツーマンレッスンが4時間+グループレッスンが4時間+自習が2時間の1日計10時間コースです。

滞在する料金や食事代などもコースの料金に含まれているので、こちらに関しても1人部屋ではなくルームシェアなどを選択することでもう少し費用を安くすることも可能だそうです。

Qセブインターナショナルアカデミーの特徴
セブインターナショナルアカデミーは生徒の定員数が270人とかなり大規模な学校で日本人の割合も他のセブ島内の学校に比べて少ない35%となっているのでプライベートな時間も必然的に英語を使う機会が多くなるので英語の勉強になります。

また、フィリピンの学校寮には個室を完備している寮がすくないのですが、セブインターナショナルアカデミーは学校の目の前にホテルがあるので、ホテルに滞在しながら学校に通う事も可能です。

フィリピンのセブ島は二か国留学に向いている!

例えば、いきなりニューヨークやハワイ、オーストラリア等の留学費用が高いところに留学しても結局はじめはなかなか英語の聞き取りや、英語を話すことが出来ません。

そして、ようやく英語に耳が慣れてきて自分の思ったことを意思表示できるようになって現地の生活に慣れてきたことに留学期間が終了して日本に帰宅するという事になってしまうパターンが多いみたいです。

だから、ある程度英語のリスニングやスピーキングなどの基礎力を留学費用の安いフィリピンで身につけてからハワイやニューヨーク、オールトラリアなどに留学する人が最近増えているようです。

実際に私も1カ月間フィリピンに留学に行きましたが、一ヵ月留学するだけでも全く違う事を身をもって実感しました。なので二か国留学の1か国目としてはとてもフィリピンが向いていると思います。

特に私はハワイの留学してみたいのですが、アメリカの場合は法律によってビザを取得しなければ1週間で18時間しか英語の勉強をしてはいけないことになっています。

しかも、他の留学先に関してはフィリピンのようなマンツーマンでの授業がメインではなくて、グループレッスンがメインになるので学習密度はより低くなって強います。

つまり、フィリピンで1カ月語学留学するのと他の国で1カ月語学留学するのでは英語の上達スピードが全然違うわけです。だから、ハワイに留学する前にある程度フィリピンで英語の基礎知識を身につけてからハワイに留学しようと思います。

一ヵ月留学すると相手が何を言っているのかという大体の内容は理解できるぐらいのリスニング力はつくのですが、スピーキングの方がまだまだなのでハワイに留学に行くまでにもう一度1カ月程度フィリピンに留学に行こうと考えています。

フィリピンのセブ島へ短期語学留学行くまでの準備期間・スケジュールは?

ココからはフィリピンのセブ島に留学するまでに必要な準備やスケジュールについて簡単に紹介します。

もしセブ島に留学する場合にはどれぐらい前から申し込まなければいけないか?や、どういった準備が必要なのかも是非参考にしてみてください。

Step1:情報収集(出発12~6カ月前)

ネットで留学先について調べたりり、どれぐらいの費用が掛かるのかの大体の相場などの情報収集を行います。おそらく、この記事を読んでいるあなたはこの段階です。

Step2:説明会・カウンセリング申し込み(出発12~6カ月前)

フィリピンのセブ島に関する資料の請求をしたりカウンセリングに申し込んで留学に対して抱えている疑問や不安についてカウンセラーの方に相談します。また、今後の具体的な計画なんかも一緒に立ててくれるます。

Step3:申し込み(出発6~3カ月前)

カウンセラーと相談して決めた留学プランで申し込みを行います。大体3ヵ月ぐらい前であれば申し込みに間に合うのですが、時期によっては希望している語学学校の定員数がオーバーしている可能性もあるので出来るだけ早めに申し込みをする方がいいですね。因みに、6カ月以上前に申し込みを行った場合には早割などの適用があったりするのでよりリーズナブルに留学することができる場合もあります。

Step4:渡航手続き(出発3カ月前)

フィリピンで留学する場合には滞在期間などによって必要なビザが変わります。ビザ取得に関しては他の国と同様に一定期間の時間が必要になるので出来るだけ早めに申請するい必要があります。この点についてはカウンセラーの方がビザの取得方法などをアドバイス・サポートしてくれます。

Step5:オリエンテーション(出発1カ月前)

担当スタッフと留学前の最後の打ち合わせを行います。留学先での注意事項やフライト時間に変更があった場合等の手続きの対応、Wi-Fiに関して等の説明を受けます。このオリエンテーションで留学前に抱えている不安をすべて取り払います。

Step6:出発

いよいよ念願のフィリピンセブ島へ出発!

まとめ

以上が私がハワイ留学を検討した時に一緒に案内を受けたフィリピンセブ島の語学留学の内容です。

そして、その3月後ぐらいの実際にフィリピンのマニラに語学留学に切ってきたわけなのですが、本当に言って良かったな!と思いますし、引き続き英語の勉強を継続してもう一度フィリピンでしっかり英語を勉強したのちにハワイに留学したり、色々な英語圏を旅してみたいなと思いました。

実際に資料請求して説明会に参加するまでは本当に留学に対してわからないことが多すぎて不安だらけだったのですが、カウンセラーの方にいろいろと不安に思っている事や疑問に思っていることを相談することで留学に対する不安はなくなりました。

なので、1人で留学に対していろいろ不安を抱え込んで立ち止まるよりも、実際に一歩踏み込んで留学の資料請求や説明会を参加してみることをおすすめします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください